2019/03/29(5)15:19 | 2019覚書

香水(どいの版)テキスト

kousui.pngここには昔、もっといろいろなものがあふれていた。透き通ったものや、いい匂いのするものや、ひらひらしたものや、つやつやしたもの……。
でもここでは、それを心にとどめておくことができない。この島に住んでいると、心の中のものを一つずつなくしていくんだよ。
それは痛くも苦しくもない。朝ベッドの中で目を覚ましたら、じっと耳をすませて、空気の流れ方を感じ取ってごらん。その日はどこかきのうと違うんだ。だから、その朝が来たら自分が何をなくしたのか、島から何が消え去ったのか、君にも分かるよ。
何かがなくなると、しばらく島はざわつく。みんな通りのあちらこちらに集まって、なくしてしまったものの思い出話をする。
香水が消えてしまったのは、ある年の秋だった。みんな自分の香水を持って川のほとりに集まった。でも香りを感じ取れる人は誰もいなくなっていた。みんなで瓶の蓋を開けて、中身を川に流した。それから二、三日、川はむせるほどに匂った。魚もいくらか死んだ。でも気に止める人はいなかった。みんなすぐにまた、元通りの毎日を取り戻す。何をなくしたのかさえ、もう思い出せなくなる。
もうすぐ、君にとっての最初の何かをなくすその日が、やってくる。
(2019-03-31改)
(2019-04-10改)

2019/03/29(5)00:48 | 2019覚書

宣材その後

その後紆余曲折を経て作られた宣材は、当初よりはかなりよくなった。
。。。一般的にそう言えるかどうかはわからない。
わたしにとってはよくなった。
デザイン的な空虚さが減り、表現としての力づよさが戻った。
当初よりはかなり。
ラベル:デザイン

2019/03/29(5)00:15 | 2019覚書

小川洋子「密やかな結晶」冒頭抜粋

「あなたが生まれるずっと昔、ここにはもっといろいろなものがあふれていたのよ。透き通ったものや、いい匂いのするものや、ひらひらしたものや、つやつやしたもの……。とにかく、あなたが思いもつかないような、素敵なものたちよ」
「でも悲しいことにこの島の人たちは、そういう素敵なものをいつまでも長く、心にとどめておくことができないの。島に住んでいる限り、心の中のものを順番に一つずつ、なくしていかなければならないの。たぶんもうすぐ、あなたにとっての最初の何かをなくす時が、やってくるはずよ」
「いいえ。大丈夫。痛くも苦しくもないからね。朝ベッドの中で目を開けたら、知らないうちにもう終わっているわ。じっと目を閉じて、耳をすませて、朝の空気の流れ方を感じ取ってごらんなさい。どこかきのうと違うはずよ。そうしたら、自分が何をなくしたのか、島から何が消え去ったのか、あなたにも分かるわ」
「消滅が起こるとしばらくは、島はざわつくわ。みんな通りのあちらこちらに集まって、なくしてしまったものの思い出話をするの。懐かしがったり、寂しがったり、慰め合ったり。もしもそれが形のあるものだったら、みんなで持ち寄って、燃やしたり、土に埋めたり、川に流したりもするの。でも、そんなちょっとしたざわめきも、二、三日でおさまるわ。みんなすぐにまた、元通りの毎日を取り戻すの。何をなくしたのかさえ、もう思い出せなくなるのよ」
「香水が消えてしまったのは、父さんと結婚した年の秋だった。みんな自分の香水を持って川のほとりに集まったわ。瓶の蓋を開けて、中身を川に流したの。最後、名残惜しそうに瓶を鼻に近づけている人も何人かいたわ。でももう、その香りを感じ取れる人は誰もいなかった。香水にまつわる思い出も、全部消えてなくなっていた。それは役立たずの、ただの水に成り下がってしまったの。それから二、三日、川はむせるほどに匂ったわ。魚もいくらか死んだ。でも気に止める人はいなかった。だってみんな、心の中から香りをなくしてしまったんですもの」
====
・この国で「島」と言えばもう、日本列島の比喩と決まってる。
・昔は美しいものがたくさんあったが、それが順次失われていく。近代によって? 戦後によって? 西欧化によって? とりあえずこのフレーム自身、あまり好きではないかも。
・そして語り手の母。なぜ彼女だけが香りを失わないのか。エリート、天才性、マレビト? 大衆蔑視? とりあえず胡散臭い感じがぷんぷんするが、実はまだこの小説の先に秘密が隠されているのかも。
いずれにせよ、これをネタに小さいシーンを作る。

2019/03/14(4)21:20 | 2019覚書

対象をイメージする(推敲なし)

結局、ぼくらの表現のある一面だけを捉えていて、それ以外を捉えておらず総合力に欠けると思えるからではないのか、という仮説はあやしい。
いままで、そのことを気にして宣材デザインを考えてきたわけではない。もっとも、気にするも何も結局は舞台を作るのも宣材を作るのも本人(わたし)のセンスでしかあり得なかっただけ、という話もある。だが、も少し自分が宣材を作るときに、意識的無意識的に何を大事にしてきたかということを考えてみる。それは、「総合的に自分たちの表現を捉えたい」ということとは違うのではないか。
思いつくのは、宣材は誰に向かっているのかということがある。誰に訴えたいのか、誰の琴線に触れようとしているのか。
例えばだ、幼稚園にこのチラシは貼れるのか、という問い。幼稚園児にウケたい。のかもしれない。
幼稚園に貼るためには、親や保育士の目を盗む必要がある。実際に非合法に貼るという意味ではなく、親や保育士には無害に見えることが必要だ。そして、幼稚園児には「悪い影響」を及ぼす。幼稚園児にだけ読み解ける暗号で書かれた挑発の文書たり得たい。
幼稚園児でなくてももちろんいい。毎日をいじめにあってどのように行きていけばいいのかわからない、死への誘惑に苛まれる一人の少年でもいい。その彼が街に貼ってあるぼくらのフライヤーを見て、同じ気持ちを分かるものがいることに気づき少しだけ気持ちが楽になる、とか?

もちろんそれは妄想なのだが。
誰に向かって訴求力を発動させようとイメージするか、ということ。そのイメージの有る無し。

2019/03/14(4)19:24 | 2019覚書

中間ではない(推敲なし)

結局、ぼくらの表現のある一面だけを捉えていて、それ以外を捉えておらず総合力に欠けると思えるからではないのか、といったん考える。
だが、ではいままでの宣材が自分たちの表現を「全面的に」あるいは「総合的に」捉えていたのかということを考えると、それはそれで悩ましい話ではある。
今回フライヤーの表裏が著しく違ったテイストになっていて、それはそれぞれ依頼した人が違うから、ということによっている。表はいわゆるアングラっぽく、表はいわゆるポップぽい。違う方を向いている表裏のチラシ。この両者のベクトルの違うテイストの総合の中にぼくらの表現はあるのか。総合、というのは曖昧な表現だ。言い換えるなら、ぼくらの表現をある面から見たらアングラに見え、ある面から見たらポップに見える、ということなのか。そうであるなら、このフライヤーの出来はさほど悪くはないのかもしれない。
だがそれも違う気がする。両者の「中間」にある? そんな馬鹿な。上の謂を用いるなら、「どの面から見てもアングラでもポップでもない別のものであろうとしている」という方が実感は近い。そもそもアングラとポップって真逆を向いてるわけでもないし、アングラだとかポップだとかそんな言葉で今どき表現を作れるわけないじゃん。だとすれば表も裏も間違っている? 間違った捉えをふたつ並べてもみっつ並べても正解にはならない。。。いやいや、アングラだとかポップだとか名指しているのはわたし自身だけどな!
もっとも「見える」というのは外部の者にだけ言えることであり、もとより内部の論理とは別のものなのであるからして、「見える」以上それはそれで仕方がない、ということにもなる。
つまり外部の者の視線によって作った宣材? うーん。それはそれでアリなのか? アリかもしれない。。。

2019/03/13(3)09:55 | 2019覚書

宣材を外注してみた

今年、知る限りもっとも信頼できそうなデザイナー&イラストレーターさんに宣材を発注してみた。
率直にいえば、うまくいったとは思えない。ものすごく悪いわけではないのだが、期待したほどはよくない。
自分の美意識だけでやっていたのではもう限界、他者の視点を導入しなければということだった。
他者の美意識を完全に理解するのは無理なのはわかってる、理解できなことのなかに意味がある、それはわかってる。
それにしても、という感じを拭えない。
どのように自分の意に沿わないのか、と考えてる。

2019/01/11(5)15:54 | 2019覚書

今回宣材を外注するにあたって

今回チラシを外注するにあたって2018年の自分の作ったチラシをあらためて眺めていたら、わかったことが。
人の形象はわたしがイメージしている、「登場してほしい役者像」が顕著に出ている。
人物の顔だけ2~3倍に拡大しているのだが、これは漫画的なデフォルメをしたいんだと思う。漫画といっても劇画ではなく、「変な」「愉快だけどちょっと怖い」漫画を目指しているんだろうな、と。
それと孤独感。暗い中での孤独というよりも青空の下での孤独。
それぞれの関係は希薄で、他の者を横目でみながら自分の位置取りを考えている程度。

2019-01-11 16.02.18.jpg

水のイメージは上記と多少齟齬があるが、流れている水ではなく溜まっている水。暗い水。四日市の海とか? ひそやかな沼とか。

2018/12/18(2)11:47 | 2019覚書

海と青空に誓った

天下の国道1号線を下って、潮見バイパス。

海と空の青さに胸を打たれる。

漫画みたい、絵ハガキみたいと言えばそのとおり。

PUFFYの「Mother」に「僕らは海と青空に誓った」という歌詞があって、ちょっと凡庸かなぁなどと思ってもいたんだが、ごめんそんなのは絵ハガキ的イメージの中の海と空でしかなかったね。

神々しさ。

それがスマホの写真で伝わるとは到底思えないけど、自分が反芻するには役に立つかも。

20181218114451777.jpg


20181218114318760.jpg


道の駅 潮見坂から海岸まで歩いた。

20181218114719492.jpg

ラベル:ネタ 散歩 漫画 PUFFY

2018/12/17(1)14:29 | 2019覚書

オルゲの希望リスト

昔、劇研のころにやったことのあるネタを思い出した。ブレヒトの詩に曲をつけたのがあってこれはいける、と。

ネットで全訳を拾えた。


オルゲの希望リスト

喜びにはいろいろあるが
うまく釣り合っていないのがいい

皮膚にはいろいろあるが
はぎとられていないのがいい

話にはいろいろあるが
不可解なのがいい

忠告にはいろいろあるが
役に立たないのがいい

娘たちなら、新しいの
女たちなら、忠実でないの

男女性交快感極点
二人に同時に来ないのがいい

敵対関係は
左右両方にあるのがいい

滞在にはいろいろあるが
過ぎ去っていくのがいい

告別にはいろいろあるが
下でゆれうごくようなのがいい

芸術なら、金にならないの
教師なら、埋葬されるようなの

快楽にはいろいろあるが
口ではっきり言えるのがいい

目標にはいろいろあるが
つけたりなのがいい

敵なら、敏感な連中
友なら、子供らしい連中

色はいろいろだが、赤がいい
伝言やメッセージなど
配達夫がいい

元素のなかでは、火
神々のなかでは、怪物

没落者にはいろいろあるが
賛美する人々がいい

一年春夏秋冬
十月がいい

生ならば、明るいの
死ならば、すばやいの

BY : ベルトルト・ブレヒト/第一詩集「家庭用説教集より」
(訳:野村修・長谷川四郎)
詩はむちゃくちゃかっこいいので、このままだとかっこよさげなロックになる。その昔の劇研のときはそんな風にやったのだが、これをおサイケ風の女装、貼り付いた笑顔でひらひらやったらどうだろう? 詩も改編して軽薄をプラスできるといい。

20181217142840034.jpg

2018/11/30(5)22:07 | 2019覚書

今日の覚書

  • プール(池)は次回も引き続き使う。決定。2018よりも多用し、芝居全体のイメージへの力を増したい。散文的な使い方も稽古場で試してみたい。2018よりも広く作ることもありえる。
  • ラストの歌はPUFFYの「MOTHER」でほぼ決定。(ただラストソングというのは、芝居全体の作り出す世界への反歌みたいな位置づけになることも少なくない)
  • プール=水の使い方で参照しているのは、映画・ピーター・グリーナウェイ『数に溺れて』。
  • 『数に溺れて』では、水と死(水死体)が不可分にイメージされてる。これは2018では使えなかった側面なので2019では(全体ではないにせよ)どこかのシーンでは取り入れたい。
  • Uの衣裳は前回(2017)時とほぼ同様の予定。本人の了解取ってないので、まだ動く可能性がある。
  • 新人のYの衣裳、リボンの騎士。芝居中ずっとこの衣装かどうかは不明だが、少なくとも一回はこの衣裳を着てもらうつもり(^_^;)
  • 音 このところよく使っているBalmorhea(バルモレイ)。次回も引き続き使う、使わざるを得ないと思われる。
  • 音 その他定番的によく使っているのはナイマン(グリーナウェイでよく音楽担当している)、パスカル・コメラード
ラベル: ネタ 映画 音楽