2006年09月26日

いしいしんじ『ぶらんこ乗り』

ぶらんこ乗りこれはよかった手(チョキ)
甘いといえば甘いし,ちょっと盛り込み過ぎなのが気になるけど,それでも子供の抱えている孤独や恐怖がよく書けていると思う。このあたりのセンスが「プラネタリウムのふたご」では見えなくなってる。それはなぜ?
動物をめぐるエピソードはなかなか興味深いっす。ペットとしての動物でなくて,異生物としての理解不能な感じが出てて。
せっかくなので「麦踏みクーツェ」も読むか。
ブログも有名らしいが怖くて見てない。
posted by doino at 22:43| 埼玉 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この頃いしいしんじの名前を知った。
がっかりした。なんで妻のことをあんなに書く必要があるのか。クロワッサンで見つけたのだが妻のことを書いているため読むことをやめた。

質問
なんで書くの?
Posted by 未来 at 2009年05月26日 01:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。