2011年02月07日

11-02-07

@ゲーム Aダンス のみ。これって演劇の稽古としてどーなのよと思いつつ,でもまぁ自主稽古待ちの面もあるからしょうがねえ。
@ゲームは奥が深い。ゲームなるもの結局,ルール(ルールにならないまでも?あるいはそれ以前か?「マナー」含む)につきる。プレーヤーの良質なプレイを引きだすのはルールであり出題者の技量だ。出題自身の「表現」はそのように評価されるべき。
ADVD見ながら30分やってみる。やや中・上級者向けなのかも。教師=トニー・ティーや生徒さんたちがなにげにやってる動きが自分ができないことに驚く。応用はもちろん基礎の上になりたってる。基礎無くして応用無し。もっと身体に馴染ませる必要がある! もっともだが,応用を見据えながら基礎に取り組む,という風にならないと基礎自身の深化に結びつかない。
※それはそうと,自分が役者に立つことも今期は射程に入れているが,いまのところ何もできずにいる。明日は何かやれるか。
posted by doino at 00:20| Comment(0) | 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。