2010年02月11日

『太陽を曳く馬』(高村薫)より引用

「それはまさに足跡そのもので,ほんの少し前に君がそこにいたことを数秒遅れて私が知るのです。一寸ハッとするような,気が急くような,何かを失ったような心地とともに,そのとき私が見ていたのは,数秒前にあっていまは無い何者かの存在−−否,在ろうが無かろうが,正確にはふだんの身体感覚にふいに触れてくる他者という異物であり,それによって新たになる私自身の存在の感覚だったというべきでしょうか。
 この眼に見えること,耳に聞こえること,身体に感じられることが直に運んでくる世界や他者の,こうした唐突な立ち現れは,何より私に,この私がいまここに在ることを知らせるものです。」
新仮名遣いに変更している。
posted by doino at 10:54| 鹿児島 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。