2009年10月23日

素材としてのトタン。

今回欲しかったけど使えなかったトタン。使うとしたらブリキよりはプラ。インチキ臭くて好き。だがパネル状にすると意外にかさばる。といってパネル状にしないとますます扱いにくいよなぁ。移動に向かない?
【関連する記事】
posted by doino at 13:18| 埼玉 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ツイッターで返し損ねたので…
プラのトタン→エスロンの波板のこと?白くて薄くてホニョホニョしてるやつ。

あれ、屋根に張るときみたいに、流れ方向と直角に、45センチとか60センチ間隔で、ドウブチ入れて、トタン釘、これがますますインチきっほさを増すような気がしない? で、トタン釘の傘だけ残して、釘の部分をねじ釘に変えれば、現場で組み立てOKなんじゃない?
周囲に枠を付けるよか、端っこがペコペコしてる方が危うさがあってよいような…

昔、半透明のビニール、建物の塗装の時、塗っちゃいけないところを覆うやつだけど、これで舞台を囲ったことがあるだよ。知り合いの芝居で頼まれて、、、あれはアイロンとかで溶着できるだよ。
Posted by kouhei at 2009年10月26日 01:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。