2021/04/02(5)13:15 | 日々のこと

2021-04-02

ブログが手抜きになってしまう。。。
今日の体重:53.4kg。
3/31(水)に、福岡日帰りにてN-NOSE検査の第二弾の検体を提出してきた。結果は6週間後だから、、、5月の半ばになる。
福岡でせっかくの大都会(笑)なのでということでつけ麺、つじ田(福岡空港店)。青葉がなにより好きな私としては大満足、青葉コンパチ、もしくは上回る美味しさだった。感涙。
この日はけっこう歩けたが、それでもだるだる。昨日4/1(木)はハイパーサーミア、そして今日4/2(金)と、腹の張りは続いていてだるさもある。「休薬週」は文字通りあくまでも薬が休みの週、体調的には休みどころか「いちばんきつい週」になってきちゃった。とほほほ。
手のしびれは一進一退。とは言いながら少しずつ強まっているかもー。足もぼちぼちきてる。
たとえば週明けの月・火曜日だと、便に真っ黒い薄皮のようなものが混じる。割と毎週。たぶんこれ、末梢神経障害、鼻血もそれなりに頻繁にきていて、その類だろうと。胃から出血したものだと思うんだよね。。。胃粘膜保護薬飲んだりしている。
次のクールはなんとか行けるとは思うが、その先はどうなんだろう?? ぼち、潮時か????

2021/04/04(7)00:25 | 日々のこと

2021-04-03

体重54.4kg。高値更新。
昨日今日と、テント構造体の試作で単管組み。
新テントについては「奇抜」系?なアイデアもあったけど、割と最近のイメージング&試作は旧来のテント構造に若干手を加える感じで推移している。といってもその「若干」の変化だけでも影響は劇場内イメージや工法に至るまで多岐にわたる影響を及ぼすんだけどね。。。
こうした所謂「現場作業」を始めると一般的な歩数計では計測がむずいこともあって、一日でどのくらいの運動量があったのかということがわかりにくいな。
厳しい休薬週の体調だが、ようやく腹の調子&だるさは落ち着いてきた。手足のしびれは相変わらず。手しびれて単管組みできんのか?と心配したけど、今のところ慎重に作業すれば思ったよりはできる。

2021/04/09(5)22:39 | 日々のこと

2021-04-05

(2021-04-04)
体重54.7kg。高値更新。
一日雨。外仕事は無理なので下界に降りてパワーコメリで資材を入手。その後コメダでお茶。
一週間ルーチンでの点滴で常にやや忙しい気分になっていて、そして親の葬式もあったりし、今年は桜を見る散歩ができなかった。残念だぁ。
(2021-04-05)
体重55.7kg。高値更新。うう。突然育ってんだけど。大丈夫なのかしら。あんまり胃腸は絶好調とは言えないんだがなー。

2021/04/09(5)23:16 | 日々のこと

2021-04-09

体重55.7kg。
一昨日(水曜)の点滴日(RAM+PTX第4クール初日)、血液結果--白血球数、血小板などの数値が悪く、点滴は一週間延期。それはまぁいいのだが、数日前から出ている足のむくみにDr. Aが強く反応、点滴延期の代わりに?CT検査を行った。その結果、がんの増悪によって腹水がたまり始めているのではないかというDr.Aの疑いを解消するほどの所見は得られず、つまり現在の抗がん剤(RAM+PTX)がさほどの効き目を得られていないのではないか、という疑いを持つことになった。
その結果としてRAM+PTXの療法は第3クールで終了、次週からはオブジーボ(一般名:ニボルマブ)という免疫チェックポイント阻害薬の単剤による治療を開始することとなった。サード・ライン。常に最悪の状況を前提して次の一手を打ってくるDr.Aらしい電光石火の決断だと思う。
これは治療的にむちゃくちゃ大きなことで、基本的な抗がんの方法論がここまでの薬剤とは全然違う。。。ざっくりいうとニボルマブは直接がん細胞を叩かない。がんを叩くのは自己免疫であることを前提としてニボルマブはそれを助ける(効果的に作用させる)、という考え方。抗がんの考え方としては私には納得しやすいのでこの薬剤の登場を待っていたという面もある。
今まで以上に自己免疫力を高めるように暮らしていくべき、だろうね。だって、せっかくだからね。
そんなわけで、いろいろさまざま、PTXの副作用に対応すべく手を打ってきたのだが、それらもいったんすべて終了ということになる。
免疫チェックポイント阻害薬にもときに重篤な副作用が出ることもあるというし、効く人にはよく効く一方、効かない確率も一般的な(旧来からの)抗がん剤よりは高くなる。なんとか副作用が抑えられ、そしてよく効いてくれるといいのだが。

この薬剤について、今後の治療への取り組みについてはこれからちょくちょく書いていくつもり。

2021/04/12(1)22:43 | 日々のこと

2021-04-12

体調はもどってきて、足のむくみもほぼ快癒。ときに甘いものやしょっぱいお菓子をドカ食いしてしまうというガキみたいなことしてっからなぁ。それが原因だと思うんだ。
PTX副作用の手足のしびれはゆっくりとだけど弱くなってきている。気もする。

連日の屋外作業、テントの骨組みの設営、できたら空間を見、劇場的イメージをして設計を修正、また作り直すという作業を続けてきたけど、それもぼちぼち一段落か、というところ。
2021-04-12 14.18.05-1.JPG
写真はパイプベンダーというものでその名のとおりパイプを曲げ加工する道具。この製品は「むっちゃ安いけど全然うまく曲げられない」と各方面で大評判?のもの。苦労譚がyoutubeにいくつもある。なのであまり欲張らず、75°曲げるのにほぼ1mの長さをかけ、かつ支点力点を20数回にわたって変えながら少しずつ力を加えている。しかしその結果、なんとか使えるものを加工できてはいる。
この単管曲げの技術があるのと無いのとでは全然作れるものの幅が変わってくる。新テント構造ではパイプベンダー大活躍!?
169976452_191682492768566_1528052418108912746_n.jpg

2021/04/14(3)22:35 | 日々のこと

2021-04-14

体重52.9kg。
今日はニボルマブ投薬の初日! のはずだったんだが、なんと血液検査の結果が悪くさらに一週間の休薬となってしまった。Dr.Aも「なんでそんなにってくらい血小板の値が悪い」と。数値を見ると、抗がん剤治療をはじめて以来、最も悪い(少ない)。なんかの間違いじゃないのか? まぢで。鼻血も少し前よりは出なくなってるし。でもまぁ、「体調整えろ」という身体からのサインと考えて、、、そうすることに。
あ、そうそう、前記事で段々良くなってきている感じがすると書いた手のしびれは昨日今日と必ずしもそうとも言えず、左手は感覚戻ってきている感じもあるんだが、右手はむしろ痛みをともなってきていてかえって悪くなってきてたりもしてる。も少し様子見をするけど、とりあえず痛いのはヤなのでしびれ対策はとりあえず復活させてみる。
けど、、、、結局しびれの原因のPTXは絶たれているから順次治まってくるのは間違いないわけで、つまり症状それ自身も変動し続けているからどの薬が効く/効かないというのは結局判然とはしない、とは思う。
腹の調子も、もうひとつ落ち着かない。はいはい、やっぱり「体調整えろ」ってことなんだろね。
予定よりも早く帰ってきたので前記事のパイプベンダーでの作業を進め、五月さんは今まで立っていたテント骨組みのバラシ作業。明日からは曲げ単管を使った骨組みを作ってみる、という段に入っていく。

2021/04/15(4)23:47 | 音楽

木綿のハンカチーフ

原田知世の「木綿のハンカチーフ」にむっちゃはまってしまった。
もうね、何十回も聴いているだけど、いまとなってはイントロから泣けてしょうがないわけよ。
歌の4番ではなく、3番がヤマ。彼は彼女に「いまでも素顔で口紅もつけないままか」と問い、自分は都会で暮らしてそこの地位とお金を手に入れたその写真を見てくれ、という。なんでそんなモノ見なくちゃなんだよ。このときが彼女のわずかな希望が絶たれたときなわけだよね。かつては草に寝転んだりして?いわばお金で買えない幸福についても知っていたはずなのに、なんて、なんてダメな奴になってしまったんだ! 
じゃあ、彼は幸せなのか。彼女はその写真かそれとも彼の言葉かに、彼の心身の変調を感じ取ってる。だからこそ絶望のなか「身体に気をつけてね」となる。(ここが最大の泣き所な! しくしくじゃないのよ、うえーんってなって涙がどっばーって感じで放出されるから運転も危ない。まぁ年をとって涙腺が緩みがちだってのは認めるが。。。)ということになると、4番の「毎日愉快にすごす」というのが本当なのかという疑問にもつながってくるが。。。。

さて、この件についてブログに書こうとしてyoutubeなどを漁っていたら、朝倉さやって人の山形弁バージョンをみつけちゃったのよね。
こ、これがまたすごいのさ。これ。(こちらは埋め込み再生できないみたい。)こっちでも大泣きしてしまうわたすってばだいじょぶか、と思ったけど、コメントではけっこう同症状の方もいるようでちょっと安心?

2021/04/24(6)02:34 | 日々のこと

2021-04-24

水曜日はなんとかニボルマブの初日を迎えられた。
とはいえ、相変わらず血小板の数値は悪いまま。手のしびれも快癒方向とは必ずしも言えない。薬剤師と手のしびれの話をしていたら、「人によっては(快癒に)数年かかることもあるみたい」と不吉なことを言うではないか。左小指が使えない → これから数年バンジョー弾けないということになると、私の舞台に立つセルフイメージが大きく変更を余儀なくされるんだが。。。ウクレレの方がたぶん握力要らないし、試してみるべきなのかも。
いずれにせよ私にとってパクリタキセルは厳しい薬剤だったと思うのだ。副作用のために薬剤変更になったのではないのだが、潮時だったのかなーとも思う。
ニボルマブ投与の初期の副作用は現状、(全然)無い。今後注意して見ていく必要があるんだが、とりあえずほっとしている。

2021/04/28(3)02:02 | 日々のこと

2021-04-27

体重55.3kg。
ハイパーサーミアだったが、体調は普通に不調。漫然と腹が張り、頭痛も。治療中も鼻がつまって「く、苦し」ってなってしまって、副交感神経を活発化させるというこの治療のイメージとは違っちゃってる。なんとか早めに上場に帰り着き、昼寝して体調戻ってきた感じ。
疲れやすいのもずっと続いている感じするけど、これが抗がん剤の蓄積的な副作用なのか、たんに運動不足によるのか切り分けできない。少しずつ回復させていくしかないんだろうなー。
あ、そんなわけで?散歩の日課をぼち復活させてる。一昨日は5000歩オーバー、今日は4000歩程度は歩けた。

2021/04/29(4)00:38 | 作業風景

2021-04-28

体重56.3kg。高値更新。
ニシムタに木材を買い出しに行く予定だったが雨で延期。何もかもの多くの仕事がわんさかある。
そうそう、単管の細いの(42.7mm太さ=ビティ足場の太さ)がずっと欲しくて、ようやく入手の目処がたった。製造元 -> 問屋 -> 商店 -> 消費者 っていういわゆる問屋制度、そういうのが相変わらずあるんだねえ。
問屋がサクサク話進めてくれればそれでいいんだけど、ぼくらみたいな小口中の小口の場合、話まっとうに聴いてもらえなかったりということにもなって、なかなか一筋縄では行かなくなってた。でも、いくつか製造元/問屋/商店をたどって、ようやく目処がついた、という話。納期約2週間、とのこと。
問屋制度と新自由主義とは相容れない。言うたら、ぼくらは問屋(現地プロモーター)制度、野外やってるRは新自由主義(直売)だね。問屋制度が面倒というのは一理あるけど、それでも顧客との長期に渡る信頼関係を重視するぼくらは問屋制度の再賦活に(のみ)希望を見ている、ということになる。あ、いらんこと言うた。
あと、ジョイント工業製のクランプ?届いた。これじゃないと、稜線にクランプのネジが出っ張って天幕を傷めそうなんだ。。。

S-7-1S | 単管ビス止めジョイントかん太オンラインショップ

S-7-1Sのページです。足場パイプ.com(通販サイト)では、単管パイプ用の接続金具の販売を行っています。

舞台や楽屋に使う木材をまとめて買うって気が早いと思われるかもしれないけど、早めに買って(半年程度は)干しとかないと、重いまま旅に持っていくことになってけっこうシンドイ。新規購入して本数が揃ってさらに金物類が届いたら、木材刻みつつ、舞台-客席-楽屋の床組をしていかないと。。。
そんなこんなで、誰であれ手伝ってほしいことがぼちぼち出てきたなぁ。

2021/04/30(5)00:35 | 日々のこと

2021-04-29

体重56.4kg。高値更新。
午前中は起き抜けからだるくてちょこっと散歩のみ。あとアニメで進撃の巨人。
なんだよいきなりって感じだけど、実はずっと進撃の巨人は高評価してる。コミックの方もすでに最終回を(ネット上で)読んだ。で、今度はアニメに手を出しているという。むっちゃ若い作者がこの物語を作ってるっていったいどういうことなんだろう。人はだれでも一生にひとつの詩が書けるとかっていうやつなんだろうか。いや、そういうことだけじゃ説明のつかない高い物語性であり、そして、あえていえば高い倫理性、なんだよなー。やはり一種の突然変異=天才なんだろうか。
コミックの絵やコマ割りといったものの「荒さ」を愛しているものとしては、アニメではそれが削がれてしまっていることに対して諦める必要はあるのだが、それでもまずまずがんばっていると思う。
午後からはぼちぼち体調復活、夕刻の飯作りには支障なし。しかし、この疲れやすさは。。。と、いくらグチっても治っていかないから、症状変わらないうちはこの話題はやめとこ。