2021/02/02(2)00:22 | 日々のこと

2021-02-01

体重51.9kg。
今日は久しぶりに陶板浴に行った。一ヶ月ぶりくらい。微熱出てたりタイミング悪かったりして。
陶板浴はなかなかイイ。疲れが取れる、副作用がひっこむ、という感じ。
場所がちょっと遠いことと、入浴時間が短いことがちょっと残念な点。最初のころに20分からはじめてみなさいと言われていたのを25分入ったら帰りに湯あたりみたいになってしばらく運転できず休まなくてはならなくなったことがある。のでこのあたりの入浴時間が現状の私の体力としては限界なんだろう。長く入っていても入浴中に疲れるとか苦しいとかいうことはなく気持ちいいだけなんだが、それでもどっか温まりすぎるということなのかな。汗をかけばいいというものでもないらしく、がんばって長く入っても効果が強まるというものでもないと言われている。
帰ってきて敷地内のとある木にまきついた蔓草を刈る。ひさしぶりに屋外作業的なことができたことが嬉しかった。(写真はちょっと前の。)
DSC_0619.jpg

2021/02/03(3)18:13 | 日々のこと

2021-02-03 肉汁うどんと副作用まとめ

体重51.8kg。
今日から休薬週。体調も全般によく、ありがたい休薬。
今日は歯茎の痛み(鈍痛)をなんとかするために歯医者にいくつもりだったが、今朝は痛みなく様子見することに。
午前中に筋トレセット、久しぶりなのでそれなりにしんどかったけど(休みながら)フルセットできた。
昼は肉汁うどん作った。こういうのはほんとはさぬきじゃなくて、多少ざらみの残ってる硬めのうどん(武蔵野や群馬風の)がマッチすると思うんだが、コスパいいものが手に入らない・・・。

市販の冷凍武蔵野うどんがすごいことになっていた まるさんの日記

武蔵野うどん好きが高じて、暇があるとうどん屋を徘徊する私をあきれ顔で見ている妻が、近所のいなげやで冷凍の武蔵野うどんを買ってきてくれた。明星のどん兵衛ブランドのもので、カレーうどんなどとシリーズ化されているらしい。値段はよく分からないが、特売で半...

これ興味あるんだが、通販はみつけられない。というかこの記事はもう6年も前のだし、冷凍の製品一覧 | 日清食品グループ に見当たらないから今はもう無いのかも。。。

覚書的に今日ある抗がん剤(RAM+PTX)の副作用(と思われる症状)についてまとめておく。
【手足舌のしびれ】全般に弱い。ただしなぜか右手親指だけ、内側が「痛い」感じでしびれてる。味覚減退も多少ある。
【吐き気・気持ち悪さ】弱い。食事量、食べるものによって違いはあるけどここ二三日は平均したら2/3人前くらいの量はいける。水曜に点滴あって金~日は1/3人前くらいに落ちてしまう、あるいはまったく食べられないこともあった。
【胃腸の不調】下痢っぽさは続いている。日によって強弱ある。一日に4~5回はトイレに。かかりつけ医の処方や自前でも胃腸薬を様々足したり引いたりしているが、決定打はみつかってない。腹痛はほぼ無い。少し食べ過ぎたり脂っこいものを食べた後とかにお腹が張る感じはある。これは副作用じゃないかな。。。
【脱毛】先週風呂でけっこう抜けて慌てて髪を5厘刈りにしたけど、その後は治まっている。ひげもぼちぼち抜けるけど一気につるつるっていうことにはなってない。
(2021-02-05追記)
【鼻血】二三日に一回くらいはある。トイレでちょっといきんだとか、ささいなきっかけで発生。すぐ止まるんだけどね。

2021/02/05(5)21:46 | 日々のこと

2021-02-05

体重53.0kg。
昨日はハイパーサーミア。気持ちよかった。けどマスクで息がちょっと苦しい。鼻血が出る → 鼻の中にかさぶたができる → 鼻が詰まる という流れで息が若干苦しいことがある。
帰りに食欲がなく「寿司なら食べられるかも。回転寿司なら量も融通効くし、名案!」と、川内のはま寿司へ。
ゲキマズ。
しゃりはにぎりが弱くてすぐくずれるし、ネタもしゃりも鮮度悪い。イクラだけが多少マシ、ほか赤身系も貝系も全部、控えめに言ってダメダメだった。川内と言えば(原発だがそれはともかく)北に阿久根、南に串木野があっていずれも海の幸をウリにしている街、いい素材だってあるはずだし、事実出水でもスーパーで売ってるパック寿司とかのレベルは高い。のに、なんで回転寿司はこうなんだ? 店はさびれてる感じないしお客もいるし、店員も感じいいという。。。謎。店によって違うのかもしれないけど、はま寿司、怖くてもう二度と行けない。旅中スシローで期待外れたことはないんだがなー。北薩には出店ない。今度ローカルな展開している別の回転寿司にトライしてみよう。
これ ↑ は昨日のことね。
昨晩から今朝にかけて若干だが腹痛があった(寿司とは関係ないと思う)。足のむくみも多少。一方、食欲はもどってきた。
今日は特に予定はなし。午前中筋トレセットできた。足のむくみよくなってない。筋トレと足のむくみはあまり関係がないな。腎臓?
午後は。。。何してたんだ?笑 たぶん読書&うとうとしてただけ。

2021/02/06(6)22:55 | 日々のこと

2021-02-06 お馴染みきのこの里

体重53.9kg。ほおー。一ヶ月ぶり高値更新。
霧島温泉近辺の 手打そば 蛍 に。ここのそばはいける。そしてきのこの里。

立ち寄り温泉 | 日の出温泉 きのこの里 霧島

霧島の大自然の中にあり、天降川に寄り添う様に建つ【立ち寄り温泉 日の出温泉 きのこの里】です。立ち寄り温泉と喫茶と素泊まりの離れの宿があります。

いつもお世話になってる。身体の芯まで温かさが届く感じは霧島~妙見温泉の中でも随一かと。って数件しか知らんけど。
今日は風呂で上品なおじさまとお話。上場からほど近い白木川内温泉のこともよくご存知だったりして温泉通らしき。で、このおじさまがすすめてくれたのがきのこの里に近い「ラムネ温泉 仙寿の湯」。浴場に窓がない(開きっぱなし)とのことで「冬はどうかな」とも。も少し暖かくなったらトライしてみたい。
きのこの里のいいところのひとつが、喫茶店が併設されてるところ。コーヒーが(日によってばらつきはあるものの)けっこう旨い。
大満足で帰還。午後少し散歩。足のむくみもよくなってきた。

2021/02/09(2)22:23 | 日々のこと

2021-02-09

一昨日はFさん、Hさん、そして大統領も遊びに来てくれて、タコパ? 
13247.jpg
Fさんと。写真はHさん。
13249.jpg
出来上がりの写真ないけど、旨かったっす(自賛)。あ、塩チーズもかなりよかった。うちでやるとソースの出番あんまりないな。

昨日は足のむくみをなんとかすべく、あてずっぽうで出水の鍼灸院に。武家屋敷群の中にあるS按摩鍼灸院。真面目な先生。鍼も按摩もたいへん興味深く、誰にでもオススメできる感じ。むくみもかなり取れたぜっ。

今日体重53.0kg。
ハイパーサーミアの日。いちき串木野まで。曜日がいろいろになってる。ほんとは木曜がいいんだけど、どうも予約取りにくいのでいままで通りの火曜が定例になりそう。
帰りは先週の回転寿司リベンジで かぶと - 上川内/回転寿司(食べログ)へ。旨かった、やればできるんじゃん?と。赤だしもあってよく分かってるなと。ただし。軽く5皿で1,500円くらい。コスパはあまりいいとは思えない。それなら串木野でマグロ丼食べるよなー。なんかこのあたり(北薩)での外食の打率が悪くてめげそう。
13255.jpg
13257.jpg
帰り道、阿久根の海が珍しいほどきれいで。青が深く。気持ちが清々する。海があるっていいねー。
チャックはここ二三日また食事がろくにできず、今日は五月さんが病院に連れていった。口内炎とのこと。口の中をいじられるのをいやがってかなりエキサイトだったらしいけど、注射打たれて薬も飲んだらなんとか食事できるようになった。また入院とかならなくてよかったよ。

2021/02/10(3)23:47 | 日々のこと

第2クール初日+まるしま食堂

RAM+PTX療法の第2クールがはじまった。
腹のゆるさもまずまず治まっている。この間ちょっと嫌な感じだった背中&腹痛&足のむくみも、S按摩鍼灸院&ハイパーサーミアなどでほぼなくなっている(すんばらしい)。ここ一週間ほど五苓散という漢方を服用していて、これがお腹のゆるさと足のむくみ両方に作用している可能性もある。(いずれも東洋医学で言う「水毒」に属する。)つまり今日は、年末からここまでのうち、かなり体調がいい一日だったと思われ。
新型コロナのクラスタを出してしまったかかりつけ病院だが、その後は落ち着いているようだ。もっとも外来はむちゃくちゃ空いている。
週末の気持ち悪さ対策として薬を出してもらえた(デカドロン)。これはいい(かも)。
血液検査は特に問題ないようだ。肝機能、腎機能も大丈夫。
今日はサイラムザ(RAM)とパクリタキセル(PTX)の2液点滴。時間にして二時間半。
点滴ポートは快調。これのおかげで点滴日の苦痛の8割以上が低減されたと思われ、まじでありがたい。
きつめの手袋&圧着靴下、そして今日は口内で氷ナメを初めてやってみた。小さめの角氷を大きい水筒に入るだけ入れていったのだが、しかしそうそう舐められるもんじゃあないね。結局全部で10個も舐められたかしら。2つ続けて舐めると口の中が痛くなってくるので時間開ける必要もあり、そうこうしているうちに眠くなるし(最初に点滴する吐き気止めの薬の影響もあるかも)。手袋等を含めて「で効果のほどは?」と看護師にも聞かれるが、実はよくわからない。比較ができないからね。悪いことはないことは分かってるので、まぁやらないよりはマシ?くらいの気持ちで続けてみよう。もっとずっと小さい水筒で大丈夫。
今クールの課題は金~日の副作用を抑えることにつきるので、明日は陶板浴にも行くつもり。

点滴後に水俣でちゃんぽんを食べようとグーグル様にお伺いをたてたら以下を紹介された。場所を見ると以前行ったことのあるちゃんぽん屋と同じ。「知ってるー。あそこでもいいかな。でも、あの店こういうちゃんぽんだったっけな?」とうっすら疑問を持ちながら現地へ。

まるしま食堂

★★★★☆ · カフェ・喫茶 · 丸島町2丁目19−21

店の前まで言ったら最近水俣に越してきたS君にばったり出会った。うっかりお隣のT食堂(私が以前に行ったことのある店。有名)に入るところだったのを隣に誘導してくれた。住所ほぼ同じだから私が店を間違えて認識していたというわけ。S君は前からこのまるしま食堂のファンだとのこと。まるしま食堂は、T食堂とは激近しいお方がやっていていろいろなイキサツがあるとのこと。それに関してはまぁ興味ある人は店主ご本人から聞いてもらうとして、なにせちゃんぽん、なかなかイケる。
それとなく調理を見てたんだけど、麺を茹でてからしばし放置されていてそれじゃコシがなくなっちゃうよねーと思っていて実際そのとおりだったんだけど、なんというかそのヤワさがそれはそれとして文化を感じるというか。スープや具材は感動的に旨いというのとは違うけど、飽きのこない嫌味のない味でたいへん好感をもった。
昨日外食の打率が低いと愚痴ったけど、水俣のここは久々のヒット。
T食堂の左隣のものすごくわかりにく入口! 普通の住宅の玄関! 靴脱いでスリッパ履き。敷居はちょと高いが入ればらくちん。

2021/02/11(4)21:22 | 日々のこと

2021-02-11 陶板浴

体重53.4kg。
経験則的に副作用でだるさが出るのは明日の午後から。今日はそれに備えて陶板浴に行って免疫活性化!? 昨晩あまり眠れなかったので、浴室に入ってあったかいーと思った途端に寝落ち。気づいたら25分経っていた。いつにも増して気持ちよかった。
還元陶板浴 虎杖伝説の里 加治木店」というのが正式名称の施設で、一回1,000円で個室の浴室に最長1時間入っていられる。多少様子が詳しく書かれているサイトがこれ。

骨まで温まる?陶板浴とは?!【姶良】 | お店の数だけ魅力がある~霧島姶良の気になる店レポート~ | まいぷれ[霧島・姶良]

還元陶板浴 虎杖伝説の里 加治木店<加治木>さて、陶板浴とは? 浴室に大量の電子を放出する「エコパラダイス工法」と共に、珪藻土を壁面に塗り重ねるという施工を行い、室内にウィルスやカビなどの悪玉菌の侵入や増殖ができない、空気環境づくりをしていることが特徴。

エコパラダイス工法って。。。名称や能書き的には「?」も満載だけど、とりあえず岩盤浴的なもので最寄りがここだし、なによりも気持ちいいこと、身体があったまることに嘘はない。
経営者とおぼしき方はとても気さくなおばさまで、入浴が終わるといつもお茶と少しのお菓子とか漬物とか出してくれる。今日は筍の煮付けだった。
一回1,000円、二部屋あるけどだいたいいつも空いていて、一日に10人入っているとは思えない。経営というか、ほぼボランティアではないだろか。
今日はいたって体調良く、明日から副作用が始まるの?信じられなーいという感じ。
ヒメヒオウギスイセン水、再開した。

2021/02/13(6)01:14 | 日々のこと

2021-02-12

体重52.3kg。
午前中、筋トレセットのつもりではじめてみるも、チャリ漕ぎ終わったところでへたれて以降サボり。柔軟だけ少し。
午後になってきっちりだるさがやってきた。予想よりは軽度なのが救い。今日から三日服用のデカドロンが効いてるのか。本を読める。食欲もさほど落ちてない。

2021/02/14(7)00:21 | 日々のこと

2021-02-13

(一日遅れの日記)
体重51.4kg。え、二日で2キロ落ちてる。
土曜は、副作用のヤマ場! 朝からだるーい。でも朝も昼もご飯は普通程度には食べられたんだけどな。多少の散歩はできた。
午後はがっつり昼寝。夕方に起きたらだいぶ身体が軽くなってる。これで終わっていってくれたらラッキー。今回は薬も出てるし、やれる対策はぜんぶやったから、結果が出てくれるといいが。
髪の毛はぼちぼち抜けていっていて、全量の半分くらいはすでに落ちたかなというところ。

2021/02/15(1)00:23 | 日々のこと

2021-02-14

体重50.5kg。あららー。なんだろねー。気にせんとこ。
だるさはかなりよくなった。今日は大事をとっておとなしくしてたけど、これなら普通に動ける。。。かもしれない。昼飯ビーフン作った。散歩30分ほどした。
ただ、手足舌のしびれはむしろ昨日より強まった感じがある。いずれにしても、しびれは今のとこ生活に支障が出るほどのことではない。寒さのヤマ場も乗り越えたことで対処もしやすい。
外へ続く戸をあけるときに小さな蜘蛛を発見したり、虻が一匹うなっていたりして春を感じますな。

2021/02/16(2)23:44 | 日々のこと

2021-02-16

体重51.3kg。この前後くらいで標準体重となっていくのかもしれないなー。
今日はハイパーサーミア。気持ち悪さはほぼほぼなくなったけど、あいかわらずしびれはそれなりにある。
しかしあれだ、日々のこうした(主に抗癌剤の副作用の)体感について書いていくのもさすがに飽きてきたな。外食についてのあれこれも。
仕事について考えたい、と思ってはいる。
N-NOSEの結果がくると、多かれ少なかれ考えを進めることになると思う。結果が送付されるのは来週~再来週ころ。

2021/02/18(4)17:41 | 日々のこと

2021-02-17

(アップ忘れ)
体重51.6kg。
RAM+PTX第2クールのうち点滴2回め。
外来化学療法室が今日は混んでいるとのことで、血液検査も通常コースをすっとばして優先的に処理したりして、午前10時には点滴開始された。今週は一液(PTX)のみの点滴なので1時間半程度で滞りなく終了! すっごーい。

2021/02/18(4)18:02 | 日々のこと

2021-02-18 大雪

体重51.8kg。
今日は大雪。陶板浴に行くつもりだったけど、全然無理。敷地を出られるかどうかがまずギャンブル、帰ってこられるかどうかはさらに厳しいギャンブルになってしまうので。
午前中に少し小止みになったときに雪かきをした(疲労困憊)が、そのときにすでに20センチほど積もってた。
でもいい?写真が撮れた。
2021-02-18 09.59.54-1.jpg

2021-02-18 10.06.11.jpg
2021-02-18 10.01.22.jpg

2021/02/18(4)23:51 | 夏の扉

旅の長さ

仮に来年春に旅-芝居を再開すると考える。旅の期間をどのくらいにしうるのか?ととりあえず考える。
ここ10年はほぼ毎年、7ヶ月にわたって旅をしてきた。しかし、、、
  • 抗がん剤治療を少なくとも旅の期間やめないわけにはいかないだろう。
  • 抗がん剤を(一時期にせよ)やめると病気が悪化していくのか。それはやめてみないと実はわからない。もちろん、それまで薬によって抑えられていたがん細胞が「勝機到来」とばかりに一気に増殖してくるという可能性も十分にありうる。一方、自前の免疫力によってそのように展開しない可能性もないわけではない。
  • 胃腸の働きの不安定さや体力の低下といった体調不安が現在もあり、旅の準備中や実施中にそれが続いている可能性は高い。けれども、現状でもそれががん細胞が悪さをしているから起きているのか、抗がん剤の副作用によって起きているのか、それもまた実際のところは抗がん剤をやめてみないとわからない。
わからないことだらけではある。わからなければやってみるしかない(?)。ととりあえずここでは考えてみる。
(とりあえずとはいえこのように考えられるのは、今現在、はっきりとがんの増殖の徴候とわかる症状を得ていないことによっている。追記:2021-02-19)
とはいえ、長期の──例えば7ヶ月の──旅を事前に組んでしまうことはリスクが高すぎる、と思われる。
たとえば旅の全体を3ヶ月程度と見積もってみたらどうだろう。
それでもその全日程を走破できるかどうかは、はっきりいえばこれまたわからない。
一ヶ月前に中止が分かればまだいい。前旅の知多~長野のように公演日直前に腸閉塞を発症し中止が決定することもありうる。
前旅時はがんの再発から腸閉塞が発症していることが疑われておらず、かつ実際のところその数ヶ月前の胃切除手術の後遺症であった可能性も高い。したがって腸閉塞が治療されれば退院となり、その後の旅は継続し得た。しかし次回旅でもし前回同様に腸閉塞を起こした場合はそうはいかないだろう。がんの増殖が原因であることが強く疑われ、当然退院とはならず結果旅への復帰は難しくなる。
どんなイベントにも中止リスクはあるが、通常にくらべて極めて高いリスクを抱えることになる。リスクは旅の後半になればなるほど高くなる。(各地受入にはそのような高リスクを事前に承知してもらう必要がある。)だから、、、旅日程を短くしてみる。
4ヶ月でも1ヶ月でもなく3ヶ月、ということにこれといった根拠はなく、そこは「エイヤッ」と仮説しているだけなのだが。
春からはじめて、夏の北海道で終了。。。今までのことを思うとあまりに短い旅だが、そもそも今回の活動休止は病気対処のためのものではなく、旅や芝居の総体を作り直すことが主眼のものであったことを思えば、ある試行の最初の一歩としては悪くないのかも。

2021/02/19(5)21:30 | 日々のこと

2021-02-19

体重52.0kg。
昨日は陶板浴の予定だったが、雪で断念した。
今日は金曜日、経験則的には午後から副作用のだるさが強く出てくることが予想されている曜日だった。出かけるかどうか迷った。陶板浴は体調によって湯あたり的な症状が出ることがあり、それと副作用があいまって、最悪、帰りの車の運転が厳しくなってしまうこともあり得る。迷ったが、帰りに食事を取ったりして遅くならないようにし、大事を取るよりは「攻めの姿勢」のつもりででかけた。
上場を出るときは雪がまだまだ残っていて、「敷地を無事に出られるか、集落を無事に出られるか」にドキドキした。だがそれを乗り越えて「外界」に下り、さらに加治木まで行きつけば、まったくの別世界。初夏!? 温い格好をしてでかけているので、大汗をかく有様。
結果、陶板浴は正解だった。午後になってもさほど倦怠感は強まらず、昼寝もよくできて、夜になっても食欲も落ちてない。

2021/02/20(6)23:29 | 日々のこと

2021-02-20

体重51.6kg。
今日は副作用最警戒の曜日。目覚めは調子良かったが、朝食を食べてしばしして副作用スイッチが入り、みるみる不調に。一挙にだるさが出て、胃腸は張って働かず、血の気も失せてくるようで、すわ腸閉塞かと。
「胃腸を活発にする」系のツボ押し、体操、五月さんに主に背中のマッサージをしてもらい、さらにはぬるめの風呂に入り、なんとか危機を脱す。おお怖っ。その後だるさとお腹の張りはいくらか続いたが、それでも少しの散歩ならできる程度でおさまった。
結果的には先週とだいたい同じ展開かな。。。点滴からの日数での副作用発生の様子はかなりわかってきた。
ただ、その流れとは別にゆっくりと日を追って累積的に手のしびれが強くなっていってる気がする。今日はこの薬になってはじめて足のしびれも感じた。週明けたら例の出水の鍼灸院に行ってみようかと思ってる。先々週の足のむくみの治療がかなりハマったしね。

2021/02/23(2)00:27 | 日々のこと

2021-02-22

体重51.7kg。
気持ちの悪さ的な副作用はかなり抑えられてる。対処の仕方も徐々に分かってきた。
が。手のしびれはかなり進んできてる。手の感覚も鈍くなってきていて、たとえば今日は料理をしたのだがフライパンを持つのがおぼつかない。食器とかも「手につかない」感じで、今日は何も割らずにすんだけどがちゃがちゃさせてしまう。このまま放置しておくわけにはいかない状態になってきている。
現在の薬の治療をはじめてまだわずか2クール目。ヤバいっしょ。
今日はそれを多少とも軽減させられないかとS按摩鍼灸院に行ってみた。前回に続いて按摩はとてもきもちよかったけど、いまのところ治療的な効果は実感できてない。もっとも足のむくみの治療のときもはっきりよくなっていったのは次の日以降だから様子見ではあるが。
鍼は鍼として、、、な、なにか薬を! ということで、
がん治療と一緒に漢方を(pdf)
 ↑ の中に「たとえば」として「牛車腎気丸」が使われることがある、と。(漢方であっても自己判断は避けろとしつこく書いてあるけどな!)
明日は下界に降りてこれを入手してこよっかなー。あ、いっそのこと神経内科受診というのもありかも。。。んー。考え中。

2021/02/24(3)23:43 | 日々のこと

2021-02-24

体重52.0kg。
今日は点滴、2薬の日。血液検査数値的にはぎりぎりだったが、なんとか実施できた。
押し気味ながらも1:30に無事に終わる。数日前からの花粉飛散で点鼻薬を使っていてこれがかなり眠くなる。そのせいかどうかのか、今日の点滴はむちゃ眠く、口に含む用の氷(口内炎予防)も持参していったのだが、数個を舐められただけでほぼほぼ眠っていた。
そう言えば、今回の薬による手のしびれはなかなかなペースで進行中だが、口-舌のしびれは今のところ、弱い。味覚の減退も前薬よりは感じず、そこはありがたい。
で帰ってくると。。。
おお! 待ちに待った?N-NOSEの検査結果が届いているではないか!(つづく)

2021/02/25(4)00:06 | 日々のこと

N-NOSE検査結果

いくらか緊張しながら、開封すると、、、

2021-02-24 15.24.24.jpg
2021-02-24 15.25.25.jpg
なーんとなんと、

陰性

であったという。
「もしかしてもしかして陰性だったらどんなに嬉しいだろう、泣いちゃうかも」とふんわか思っていたのだが、実際にそうなってみると、さほどの感慨は起こってこない。喜びすぎるとあとでちゃぶ台返しされたときのダメージがでかいという予想から自制反応が働いているのかもしれない。
N-NOSE試験の「がん患者を『がん』と判定する確率(感度)は86.3%」である。(よくあるご質問 | N-NOSE
残りの13.7%は不正解。現在「86.3%の確率で私はがん患者ではない。13.7%の確率で私はがん患者である。」となる。
ところで、仮にもう一回試験をして同様の判定を得たとしたら、精度はあがるのか。2回同じ陰性結果を得たとして、
1-(0.137×0.137)=0.981231
「98%の確率で私はがんではない。2%の確率で私はがんである」ということになるのだろうか。それとも被験者なりがん病態の性質(尿に当該物質が現れにくい、とか)によっていて正答率には変化は出ないのだろうか。
そこはわたしにはわからないし、おそらくN-NOSE検査主体も責任を持って答えうるエビデンスもないと思われる。
また、この確率を求めている分母たる「間違いなくがん患者」はどこから得ているのか、ということもちょっとむずいところがある。たとえばわたしははっきりがん患者だったが、かなりの時期「がん患者」としての認知されていなかった。N-NOSE試験の確率を求める分母には当該試験以外のなにがしかの検査なり所見なりで判明した「間違いなくがん患者」を当てるほかないはずだ。つまりこの試験は、わたしのような所謂2次以降の試験で捉えられないような「未認定がん患者」をスクリーニングできるのか?という疑問もないわけではない。(だからN-NOSEホームページとかではこうしたややこしい問題に立ち入らず「がんの1次スクリーニング検査」としての活用を謳っていると考えられる。)
今後何度か同試験を受けようと思うが、以上のことは踏まえておく必要がある。
今後の標準治療の進め方について。
N-NOSE(ミミズ様)試験の結果の如何にかかわらず、標準治療のサードライン(おそらくイリノテカン+ニボルマブ)までやっておく。ということにした。
ただしいずれの治療も引き上げ時は患者側の意向(副作用の心身への深刻度)が大きく影響するので、N-NOSE試験の結果はその際に(当方の意思に)影響を及ぼすだろう。今後、N-NOSE試験の結果が陰性を継続するならば、それぞれを早めに引き上げる方にバイアスが働く。サードラインまで行うのは「念のため」という思いに(現在すでに)傾いているからだ。
それとて、今後のN-NOSE試験がちゃぶ台を返してくる(陽性判定してくる)可能性もあり、そうなると話はまた変わってくる。

まぁ、大喜びするのもガード下げるようで違う気もするけど、陽性よりは陰性の方がいい報せだったことは間違いなく、なんか軽くお祝いぐらいしていいのかなー。

2021/02/27(6)00:22 | 日々のこと

2021-02-26

昨日(25)はハイパーサーミア。好調。
今日(26)。
体重52.7kg。朝から手のしびれが強く。「しびれでボタンがとめられくなる」って、こういうのが強まっていくんだなという実感。力が入らない。というか力が入っているかどうかも分からない。牛車腎気丸は効いているようには思えるが、おっついてない。
午前筋トレセットはできた。その後食材買い出し。
昼近くから(前倒しで?)だるさ出てきて、午後はほぼ昼寝。先週のような腸閉塞か?と不安になるような胃腸の不調はきてない。明日はも少し楽になるかしら。

2021/02/27(6)21:45 | 日々のこと

2021-02-27

体重52.3kg。
これといって運動もせず、食事もあまり攻めたものは避けて、おとなしくしてた。結果、今週のヤマは乗り越えられたと思う。
《水曜点滴の副作用ピークは金曜午後から土曜いっぱいのどこかでやってくる》
手のしびれは昨日よりは多少いい。けっこうしつこく自力マッサージとかしたからマシなのかも。それでもたとえばキーボードのctrlキーを押しているかどうかがわかりにくい(左小指)。マッサージで抑制できて進行を食い止められるならいいがな。。。
昔、別のがん治療でやったBEP療法では抗がん剤点滴後に多めの水(一日に1.5~3リットルくらい)を飲んで早め早めに体内から抗がん剤を排出することで副作用を軽減するという方法が取られていた。ググるとそれは主に薬剤の腎臓へのダメージを軽減するためのものであるらしいのだが、この件を紹介しているあるサイトでは目的として「その他の副作用を軽減するため」と追加しているところもある。
まったくのあてずっぽう、素人考えだが、今度点滴後に多めの水を飲んで利尿を高めてみる、というのをやってみたい。