2020/10/01(4)21:55 | 日々のこと

2020-10-01

8.00起床、体重48.5kg。
今日は平日の五月さんのお休み曜日。そしてわたしの休薬期間に入ったお祝い?ということで、先日から気になっていた宮崎の温泉、湯穴(つあな)温泉に。
強力な炭酸水素塩泉。その強さだけ言えばきのこの里を凌ぐ。ただし源泉は冷泉でありつまり沸かし湯だということは分かっていたのだが、入ってみると湯が硬い感じがする。沸かし湯だっていう先入観でそういう感じがするのかもしれないけど、でもまぁ今日の一回で納得した。きのこの里一番。といいながら明日はまた近場の温泉を。。。??

2020/10/02(5)22:43 | 日々のこと

2020-10-02

起床8:00、体重48.7kg。
今日は「鵜泊温泉」へ。
かなり近い、そして100円、と考えると悪くない。ちょっと温泉濃度が低いのだが。。。悪くない、たしかに悪くはない。

2020/10/03(6)13:18 | 日々のこと

2020-10-03 一遍と時衆の勉強

7:00起床、体重48.8kg。
最近読んだ一遍-時衆もの。
DSC_0555.JPG
聖絵をカラーで見たくて入手したのが『国宝 一遍聖絵』(遊行寺宝物館)。読み物として『一遍と時衆の謎』(桜井哲夫)は読み応えがあった。
「謎」とタイトルにあるが、作者桜井は時衆寺院の僧侶であるところとかもなかなか微笑ましく興味深い。
あとこの『~謎』に引用されていて気になるのが、
武田佐知子編『一遍聖絵を読み解く』吉川弘文館(その中に収録されている「踊り念仏の興行師」(松岡心平))
松岡心平『鬼と芸能 東アジアの演劇形成』森話社
以上二冊は絶版で古本でも高額で取引されている状態。ただ、鹿児島市内に行けば図書館で閲覧はできることがわかっている。
(全国図書館の蔵書検索カーリル。これはスグレモノ。)
松岡心平『宴の身体』岩波書店
これは手に入れたのでこれからぼちぼち読む。
要するに劇場の発生の源(のひとつ)であるらしい踊り念仏の帰趨に興味がある。自然発生的な要素も多分にあったであろう踊り念仏がひとつの芸能に変貌していく様。芸能化したあと。
『~謎』でも触れられているのだが、踊り念仏~時衆は、世阿弥や歌舞伎の発生にも関わっていることは間違いないらしく、そのへんも跡づけておきたい。
このあたりの論客として松岡心平があるらしい。日本演劇史的には基本中の基本?なのかも。すみません勉強不足で。

2020/10/05(1)23:00 | 日々のこと

2020-10-05

体重48.7kg。
午前中筋トレセットは(書かなくても)いつもやってる。
現在筋トレセットは、
チャリ漕ぎ30分
+(腹筋16回 + 背筋①16回 + 背筋②16回 + 腕立11回)× 3セット
+ スクワット30回
+ ストレッチ若干
というプログラム。
ぼち体力ついてきたからインターロックもはじめるかなー。というても抗がん剤第4クールの副作用の様子とかによるけど。

雨があがったので大口まで原チャで買い物に。今日の昼飯用+α の食材。原チャ走らせるのは楽しい。

2020/10/06(2)22:50 | 日々のこと

2020-10-06

体重48.9kg
今日はCTスキャンだった。病院滞在時間30分くらい。担当医の所見=診察は明日。

2020/10/07(3)22:56 | 日々のこと

2020-10-07

体重:48.8kg
今日は診察&G-SOX療法第4クール初日。
午前中に血液検査&診察。昨日のCTの画像も見ながらの初見。
Dr.A(主治医)いわく、
腸の細くなってるところは減っている。通じも普通、食事もまずまず食べられているならがんの増殖は抑えられてると考えていい。
赤血球白血球ともやや少なめだが正常範囲内なので今日の化学療法は予定通り敢行。
血小板減少がやや気になる。怪我に気をつける。
がん自身の細胞が現状どうなっているかは、(あなたの場合は)腫瘍マーカーがあてにならない(現状正常値内)ので、血液検査で「がんが大暴れしているかどうか」が分かるだけ。画像診断も「内蔵状態が正常かどうか」がわかるだけ。がん細胞がどの程度縮小/拡大しているのかはわからない。ただ今できる検査では悪い兆候はなにもない。
とのこと。前にも書いたけどDr.Aは悪い兆候が多少でもあればそこから推定される最悪予想を早め早めに出して覚悟を求めてくる。そんなDr.Aから悪い兆候をひとつも聞かされないということは、、、まぁ「かなり良好である」と考えてもいいかな、、、ではある。
11時まわったあたりで化学療法(点滴)開始。腕の肘より身体に近いところの方が血管痛が出にくいのでそこらあたりで針を刺す。しかしなにやら悪い感じで痛いので諦めて手甲に刺し直す。そちらは良好。
前回は点滴始まったとたんに眠って点滴が終わるまで起きなかった。今日はしばらくスマホ見てたり音楽聞いたりした。youtube music が勧めてくるREBECCA最盛期ライブの「フレンズ」に感動した。終わったのが4時近く。「血管痛が」と患者が言うので前回よりゆっくり落としてくれたんだね。
点滴後の腕のしびれは前クール同様、いやそれよりも強い。前回は冷蔵庫の瓶を触るとビリビリ来てたけど、今日は蛇口からの水道水で同様の反応が起こる。しかも冷たいものから手を離して手を拭いてもビリビリが数分続く。症状おさまるまでに数日程度かかる予定、いや希望。
食欲は今日のところは落ちてない。

2020/10/08(4)20:17 | 日々のこと

2020-10-08

体重49.1kg。増えてる。雨。午前中に通常通りの筋トレセット。
血管痛は昨日よりは範囲が狭まってきた。点滴ゆっくりにしてくれたのがよかったのかな。
手足のしびれは変わらず。足がしびれると感じたことは今までなかったけど、今回は何もしなくてもはっきりぴりぴりしているのを感じる。
DSC_0572.JPG
五月さんが冷蔵庫の瓶ものに断熱効果のありそうなものを巻いてくれた。だいぶ助かる。
気持ち悪くはない。筋トレは普段どおりできたが、午後に買い物にでかけて少し歩いたりすると疲れやすく、だるさが出る。
前クールの点滴した次の日はだるくてけっこう一日寝てたりしたから、それに比べればいい方。

2020/10/09(5)17:27 | 日々のこと

2020-10-09

体重:48.3。
今日は朝からだるい。筋トレもどうかなー。熱はなし。
血管痛は範囲はせまいけど続いている。手足のしびれも今のところ変化なし。ドアノブとか辛いときもある。寒くなってくるから屋内でも手袋が必要かも。スマホ対応ってのがあったよねー。
昼寝したら元気になってきた。

2020/10/10(6)17:00 | その他

ヒメヒオウギスイセンについて(1)

もともとは地元で車関係で超お世話になっているE自動車さんからのオススメ。
E自動車さんの知り合いFさんが肝臓がんになって手術決定となってたんだけど、誰に勧められたのか地元で言い伝えでもあったのかキンギョソウの球根を摂取したところ、医者で再検査したら「不思議なことにがんすっかりよくなってるから手術は不要」となった、というもの。
ネット情報だけではなかなか信じられないことでも「知り合いの知り合い」程度の距離で実際に効いたという話があると、俄然真実味が出てくる。
で、そのキンギョソウはFさんの地元あたりではその経験談のためにたくさん採取されてしまってみあたらない、と。ではということでEさんが上場あたりでは無いのかあちこちに聞いてくれた。そしたらウチにあるよと言ってくれる人がいて、五月さんがそれをもらってきてくれた。
その後、その煎じ方や薬効などについてネットで調べることとなった。

≫続きを読む

2020/10/11(7)23:27 | 日々のこと

2020-10-11

体重48.2。
血管痛はまだ多少残ってる。手足、舌のしびれも弱まってきたとはいえ残ってる。食欲はまずまず。
身体はけっこうだるい。それでも多少無理しても運動したほうが楽になる。

2020/10/12(1)23:50 | 日々のこと

2020-10-12

手がぴりぴり。舌もぴりぴり。
口内炎とかできてくると辛そうだから、口内ケア大切。
がんの影響より、今は抗がん剤の影響が表に出てくる。だからあたかもがんと闘っているのではなく抗がん剤と闘っているかのように思えるし、一面それはそれで間違っていない。
要は抗がん剤治療のポジティブなイメージが私の中で減退してきている、と思う。これはよろしくない。

20年前に私の命を救ったのは抗がん剤治療(BEP)だったわけだし、ほんの二ヶ月三ヶ月ほど前の腸閉塞の連鎖という悪夢のような日々から思えば今は相当に健康で、この健康を導いたのが抗がん剤治療(SOX)であることははっきりしている。
そしてその知見で言うなれば、効果がみえにくくなってからのもうひと押し、さらにもうひと押しががんを叩くことも知っている。なんとかSOX6クールを完走したい。

さて、そんなところでヒメヒオウギスイセンとともに、さらに温熱治療にも手を伸ばそうかというところで、そのへんのことも書いていくことになると思われる。

2020/10/13(2)17:50 | 日々のこと

2020-10-13

体重:47.9kg。
今日も指先ぴりぴり、舌もぴりぴり。そしてだるい。定例の筋トレセットはなんとかこなしたが、その後はだるくて昼まで寝てしまう。昼飯(焼きビーフン)後も寝てしまう。
近くなのに一回くらいしか行ったことのない白木川内温泉に行こうと思ってたんだけど今日は無理でした。明日は行けるかしらー。
というのもここから一番近い病院の三慶医院に「サンドバス」つうのがあって、遠赤砂風呂だと思うんだ。これから寒くなってくるし、そういうのを日課にできたら免疫系によさそうだなと思って電話したら、無念の「いまやってない」との返事。出水じゃ支持されなかったのか。
それじゃあ近くの温泉はどうなんだろうということで最寄り温泉=白木川内温泉の偵察に行きたいのさ。泉質的にはちゃんとした硫黄泉らしいからもしかしたらイイかもしれない。

2020/10/14(3)18:10 | 日々のこと

白木川内温泉

体重48.4kg。
バイクで大口に買い物に。この体調では過激だったか? 手が「ちょっと冷たいかな?」と思うくらいでも身体反応的にはびりびりしてくる。寒くなるこの時期、これからバイクで買い物はきびしいかもー。フルフェースのヘルメットほしいなと思ってたけどそれ以前に無理か。くすん。
午後は白木川内温泉に行ってみた。
ちなみにここにはふたつの旅館<旭屋旅館と山荘>があって、仲が悪い。にもかかわらずというかなんというか、風呂は両旅館に共用されているのだ。つまりどちらにお金を払っても、金額は同じ(150円!)だし入れる風呂も同じなのだった。仲が悪いなら風呂もそれぞれ独自にするのが流れだと思うのだが、分からない事情もあるんだろうな。人間関係って難しいのねと思わせられる。旭屋旅館は私ははじめてだった。
まそれはともかく、泉質はなかなかのもんだった。エメラルドグリーン≒透明の湯だが、けっこう強い硫黄泉。このあたり…出水・大口・水俣地区…の温泉としては、私的には一番かも。もう少しで身体の芯まで熱が届きそう。※主観です。

ここ(車で15分くらい)と、曽木の滝温泉センター(車で20分)とを交互に通うことにしようかな。。。これもまた免疫力アップを企図しているわけですよ。

2020/10/15(4)18:36 | 日々のこと

2020-10-15

体重48.2kg。
抗がん剤副作用は昨日よりは多少マシ。
午前中は筋トレセット、庭の水やり、など。普通。
午後は、一日一回体温高めるぞ計画の一環で曽木の滝温泉センターに行ってみたが、なんと木曜定休。すごすご帰るのもなんなので、鵜泊温泉まで足を伸ばす。いい風呂だ。100円! ちょっと遠いので日々の風呂ってわけには行かないんだけどね。。。
基本、炭酸水素塩泉なのできのこの里とおおよそ同じ泉質。のはず。
ときに、ここにはGoogleマップ-ナビでは素直には行き着けない。近くの橋が工事をしているのだが、Google様はそれをご存知でない。ちなみにNAVITIMEも知らない。
2020-10-15 (7).jpg
なので、
2020-10-15 (8).png
このように回り込む必要がある。知ってる、こんな情報誰も参考にしないし、興味もない。でもね、分かる人にはわかると思うけど、Google様の知らない道を知ってる、ということはなかなか本人的には大きなことだし内心胸を張っていいことだと思ってるのだ。「鵜泊温泉に行く道筋に関してはGoogle様より私のほうが勝っている。」(ここだけの話、打倒Googleに一歩近づいたわけよね。)

2020/10/16(5)13:13 | 作業風景

バッテリー充電器

トラックのバッテリーがすぐあがる。どこか要らんところで電力を消費していると思うのだが、それをまだ特定できていない。その特定はそれで課題なのだが、バッテリーがしょっちゅうあがるので、バッテリー自身が劣化していってしまうという問題もある。
上がれば別のトラックを寄せてきてケーブルでつないで普通の「救出」となるわけだが、バッテリーが劣化しているためになかなか充電できなかったり、充電できても不十分ですぐまたあがってしまう。おなじみE自動車さんをヘルプに呼んじゃうこともあるのだが、そうしょっちゅうでは気が引ける。
で、購入したのが、バッテリー充電器。これじゃ。
DSC_0581.JPG
これはすごかった。何がすごいって、箱にも謳われているように「パルス充電」なるもの、これがすごい。
とりあえずトラックからバッテリー外して直流Vを計ってみたら、定格12Vのところ、7Vしか出てない。蓄電が少ないとかではなくてバッテリーの劣化まるだし。
でこの製品をマニュアル通りに繋いでいきなり「パルス充電」やってみた。パルス充電+通常充電で7時間くらいかかる。
そしてその結果、なーんと見事バッテリー復活! 正常値12V強を出力できるようになったのだった。
DSC_0579.JPG
DSC_0580.JPG
劣化したバッテリーが復活するなんてほんとにあるんだね。オットーさんはカンドーです。
調子に乗って。
オムロン製のPC非常用電源に搭載されているバッテリー(これも12V仕様)。最近ハードが自己診断して「劣化してるよー」とちょくちょく警告してくる。実際バッテリー交換の時期なのだが、ためしにこれも「パルス充電治療」を施してみた。あっらー。警告されない! すごくないですか。
そりゃまぁ、新品とおんなじだけ保つとかは考えちゃいないがね。

2020/10/16(5)16:42 | 日々のこと

2020-10-16

体重48.6kg。
昨日にひきつづき副作用(手、口内のしびれ)はよくなってきている。点滴後もう2週目に入ってるしね、そろそろおさまってくれて当然といや当然かも。
午前中筋トレセット、と思ってはじめたけど、チャリ漕ぎ終わったところでへたれてしまい今日は以降中止。畑に水やりなど。
2020-10-16.png
体重推移だが、はっきり点滴後(「第○クール」後)に多少体重落ちて、2週目くらいから徐々に復活~休薬期間(第3週)にアドバンテージ、というパターンを描いている。

午後いちで昨晩までに充電し終わったバッテリーをトラックに戻す作業。ついでにジェネレーターをトラック荷台から地面に下ろす作業。なんでこの時期ジェネレーターをトラックに積んだの? それはね、京都の劇団に貸す予定だったからなのさ。
久しぶりにトラックの移動をし、チェーンブロックに油をさし、ジェネレーターを吊り上げたり下ろしたり。現場っぽい作業を少しやって、楽しかった。体調ももどった感じ。
夕方から雨。

2020/10/17(6)14:28 | 日々のこと

2020-10-17

体重48.7kg。
午前中筋トレセット、復活できた。
副作用は指先(舌も)ぴりぴりはまだある。生活動作に支障が出るほどではない。
今日は朝から雨、小寒い。ストーブ炊いてる。チャックもストーブ前から離れない。
午後買い物。やっとほうれん草が安くなってきた! ありがたい! 今晩はほうれん草鍋だ!

2020/10/17(6)14:38 | その他

ヒメヒオウギスイセンについて(2)

kqnfb541-img350x526-1454226771u6kcdg32140.jpg
(1)はこちら。
さて、Dr.Sと連絡が取れて球根水の作り方について指針をもらえたのだった。
まず送ってくれたのが ヒメヒオウギズイセン 説明文.pdf(資料1)。
引用すると、
【 球根水の作り方 】
水500ml~1000ml とスライスした球根1 個を10~20 分ほど沸かす。(1 煎目)
これをペットボトル等に移し、残った球根に水を加えて沸かす。(2 煎目)
水面に泡(サポニン)が立つ間は3 煎、4 煎出来る。
【飲み方】
・沸かした球根水はほとんど無味無臭で、いつでもお茶代わりに飲みます。
注※ もし、球根水にピリピリ刺激を感じた場合は濃過ぎです。
・ジュースやお茶等で味付けしても構いません。
・腐りにくい(殺菌作用がある)ので冷蔵庫で3~4 日保存できます。
・出がらしの球根片を使用後刻んで味噌汁で飲む人が多いようですが、残渣の中には、水に不溶性の制癌成分も残っていますので、効果的と思われます。
・すぐにトイレが近くなるなどの変化が現れない場合は、サポニンを代謝する腸内善玉菌プレボテラオリス菌を持たない可能性があります。その場合は、プレボテラオリス菌に代わるプロバイオティクス(乳酸菌)が必要になります。それがケフィアです。
<特徴>
☆発酵が進むと、ヨーグルトはザラザラとした固まりになり易い
☆乳清(ホエー)が通常の乳酸菌よりも多く出る
乳清にも栄養がありますので、ご自由にお飲み下さい。
そして追伸的なメールをいただいた。曰く、
球根⾃体、⼤きな物では有りませんが、その中でも「⼤き⽬の物で半分量」が1⽇分という⽬安です。
とにかく湧かして、ペットボトルに⼊れて冷蔵庫で冷やしておいて、お茶代わりに1⽇に1.5L〜2Lの球根⽔を飲んで下さい。
どうやら、ヒメヒオウギズイセンの効果はサポニン成分の様で、 抗炎症作⽤、抗がん作⽤、デトックス効果があるようです。
全く効果が⾒られない⼈がいることもあって、⼀般化していないようですが、その理由は、⻑⾕川先⽣の論⽂や本を読んで解りました。
効果が全くない⼈は、サポニンを代謝できないつまり、プレボテラオリス菌を持たない⽅で⽇本⼈では25%いるようです。代謝さえ出来れば途端に効果が得られます。
それがケフィア菌のようなのです。
末期癌でも1ヶ⽉有れば縮⼩します。
全⾝癌(転移癌)にも効果がありますが、脳腫瘍だけは効果が無いようです。
理由は、恐らく、薬効成分が⾎液脳関⾨を通過できないのではないかと思っています。
とのこと。

・まず、(1)に書いたのと比べると球根の必要量がかなり少なく提示されている。
一日分として球根(大)の半分。今までは一日換算量で球根(大)3個だったわけだから、1/6量となった。もう球根を求めて右往左往しなくてすみそうだ。手持ちの球根で悠に半年はまかなえる。(欲しい人いたら分けられる。)

・煮沸おっけー。そして2煎3煎ができる!
実際に10分煮沸させてみると、かなり濃く成分が湯に溶け出す。いままでの量の球根をそんな風にしたら苦渋くて飲めなくなると思われる。煮沸させれば濃く抽出が可能で、したがって球根量は少なくて済む、ということだと思う。
一日に球根半分、それを10~20分煮出すのを二度三度というのはいかにも面倒だ。保存が効くということなので、二三日分をまとめて作り冷蔵庫保存するのがよさそう。

・プレボテラオリス菌が体内にあるかどうかがわからない(上記「すぐにトイレが近くなるなどの変化が現れない場合」の意味がよく分からない)ので、代替プロバイオティクスを体内に確保するためにケフィアヨーグルトの併用が望まれる。
これについてはすでに作り始めていて、第1弾が昨日できたところ。普通に美味しいヨーグルト。今回は室温で発酵させたがこれから寒くなるし ウォーマー(こういうの)が合ったほうが安定するかも。

・残渣(でがらし)を食用することも効果がある。
しっかり煮出すので残渣はより癖のないものになりしかも量もたいしたことない。味噌汁だろうが炒めものだろうが煮物だろうが、問題なく混ぜられる。こりこりとした芋みたいな。まぁ球根だからそんな感じ。

【さしあたりのまとめレシピ(1.5人前、二日分)】
○球根7~8g(皮やヒゲを取り除いた量)○水3リットル
■極薄切りした球根と水1リットルを鍋に入れて沸騰、弱火で10~20分煮出す。ピンクの液体ができる。1煎目。
■できた球根水を別容器で冷やす。球根+水1リットルで同様に煮出す。2煎目。
■同様に3煎目。

【参考文献】
漢方とプロバイオティクス.doc Dr.Sが添付してくれた資料2。プロバイオティクス→ケフィア根拠と思われる。
モントブレチアの新サポニンに関する研究-29_592.pdf Dr.Sが有効成分はサポニンとしている根拠と思われる。資料1に挙げられている論文のうちの二番目のもの。化学式が多くて一般向けではない。
・同様の一番目の論文(「制癌性和漢薬の実験病理薬学的研究」)については、誌名やナンバー、ページが明瞭なので国会図書館にて遠隔地複写サービスを利用してみることにした。コピーした紙を送ってくるんだって! すでに手続きを終えたが、2週間くらいかかるらしい。来たらまたPDFにして公開しようと思う。
さあ、どうだ!!
多少は信憑性が増したかな?
現状は怪しい代替医療に走った痛い奴だと思われてるはずで、それはまぁ現時点ではしょうがない。
ヒメヒオウギスイセン。これで人柱としての私が快癒すればけっこう面白いと思うのだが!?
ダメなら最初から冗談だったという逃げ道を残しつつ(笑)、本気入れたひとつの遊びとして楽しんでいきたい。

2020/10/17(6)15:27 | 日々のこと

WLWのテスト

WLW(Windows Live Writer!)というツール。 
こんなツールがまだ生きていた。
WLWから投稿してみる。画像も。
016 

2020/10/18(7)18:26 | 日々のこと

2020-10-18 温熱療法事始

体重49.2kg。
舌も指先もピリピリ。そして、
ねむっ。午前中筋トレセットはできたけど、眠くてしょうがない。昼まで寝る。
午後もうとうとしつづけているので、えいやっと先日空振りした曽木の滝温泉センターで軽くひとっ風呂。

ときに温熱療法についてなんだが、こんな記事がある。2007年と思われる。
毎日健康サロン がん治療ウェブフォーラム - パネルディスカッション・質疑応答
この中で、谷川啓司という方が、

温熱療法は、温度によって効果や目的が違う。大きく分けると、42〜43.5℃以上の高い温度は、温熱療法そのものでがん細胞を死滅させることを目的としている。39〜41℃の場合は、免疫系を活性化し、免疫能を賦活させることが主な目的になる。さらに低い37〜38℃以下では、リラクゼーションの領域になる。ただ、体を温めることで免疫は上がると一般に言われており、そのレベルだと思えば、それが決して悪いわけではない。

と言っている。なるほどだねー。

  1. 42〜43.5℃以上 : がん細胞への直接アタックレベル
  2. 39〜41℃ : 免疫系活性化レベル
  3. 37〜38℃以下 : リラクゼーションレベル

ということ。このへんけっこう曖昧にいっしょくたに話されてることが多いよね。
この谷川氏の発言は、直前の武田力氏の「自宅でできることなんて知れてるでしょ」という発言を受けてのものなわけだが、この武田氏の「体の深部まで温めることができるのは…サーモトロン-RF8だけ」という発言はどういうことなんだろう。
初歩的な疑問として、「体の深部まで温める」ってたとえば遠赤サウナに入ることでは得られないんですかね。ほかにも、生姜や唐辛子、ニンニクといった体を温める野菜や香辛料を摂取したらお腹ぽっかぽかになるしけっこう汗かくこともある。運動でもかなり熱くなるけど、それらは温熱療法的には無効なのか。
ハイパーサーミア…サーモトロンの流れは機器を販売することやそれを使った療法でお金が発生するわけで、そうしたバイアスをよくよく飲み込んでおく必要がある。家でできること、お金のかからないことで解決してしまったら医者も医療機器メーカーも上がったりだからねぇ。
みたいなことを言いながら今週水曜には当のハイパーサーミア→サーモトロン-RF8を受けにいちき串木野市まで行くんだけどさ。

2020/10/19(1)16:02 | 日々のこと

2020-10-19

体重:48.6kg
午前筋トレセットできた。ああ、でも昨日に続き、眠い、だるい。ここは休養モードに入るべきか、がんばって風呂にでも行くべきか迷ったけど、結局寝ちゃいました。ここに来て特に午前中が眠くて~。
なんだろう。寒いせいじゃないの、と五月さんは言う。そうかもー。筋トレセットしても汗かかないしなぁ。明日は部屋あったかくしてチャリ漕ぎしてみるか。。。

午後も昼寝。チャックなみに寝てばかり。療養中なんだからそんなものってことで。

2020/10/20(2)20:25 | 日々のこと

2020-10-20

体重:49.1kg。午前中筋トレセット。部屋暖かくしてやってみたらちょっといいかも? だるくはない。数日ぶりに天気がいい。普通に庭に水やりとか。zzz…

午後買い物に街まで。大口のニシムタ、ホワイトソースの売り場が超分かりづらく、おもいがけなく相当距離を歩かせていただいてまったくもってありがたく、帰りの運転が辛いのでずいぶんと駐車場で休む羽目に。体力ないことを思い知らされる。

2020/10/21(3)22:16 | 日々のこと

2020-10-21 ハイパーサーミア

体重48.8kg

日本ハイパーサーミア学会では、サーモトロンRF-8などの専用医療機器でがん細胞を42.5℃以上に加温して、がんを治療する温熱療法を他の温熱療法と区別して、ハイパーサーミアと呼んでいます。(by Dr.土橋美子)

てなことで、今日はサーモトロンRF8を受けに。どんなものかというと、外見は

thermo
こーゆーもので、CTとかMRIに似ているけど、実は周りが丸くなってるのは意味があるのかないのか、
hyperthermia001
上からと下からとぷにゅぷにゅした水袋(ポーラスと言うらしい)でお腹(温める箇所)を挟まれる。(ドーム的なものに寝てればいいんだろと思ってたら、処置中約40分は手足は自由に動かせるけど挟まれている箇所は動かせないのだった。)面白いのは、ポーラスが温まってその熱が徐々に腹腔内に広がるイメージではなく、ポーラス自身は時間の経過とともに暖かくなったりむしろ冷たくなったりする。時間が経つにつれて体表ではなく体幹が暖かくなっていく感じがたしかにある。高周波の電磁波が体を温めるのだそうだ。
処置中はあまり気づかなかったが、終わってみるとけっこう汗もかいていた。かなーり気持ちいいものであることは確かで、終わったときにはゆったり温泉につかったようなスッキリ感がある。
これでがん細胞が死滅していくという。がん細胞が死滅していくときに悲鳴をあげてくれるわけではないので、その効果についてはまぁとりあえず信じるしかない。
(えっと、これは保険適用されている、国の認めたれっきとした?医療行為である。もちろん国が認めたから正しいというつもりもないが、一応よ、一応。)

上の2つ目の画像のイメージが正しいとするなら、42.5℃になるのは、ポーラスに挟まれた割と小さい容積部分なのかもしれない。だとすれば私の病態、すなわちがん細胞が(大きな腫瘍にならず)PETに映らないほど小さな腫瘍状態で広く薄く拡散している(らしい)場合、がん細胞への直接アタック効果は限定的なのかも、と思う。
それでも、たとえば42℃の風呂に入っても体の深部は38℃程度にしか温まらないとのことで、この機器を使うことによって先の記事の「39〜41℃ : 免疫系活性化レベル」に達するだけでもその効果は大いにあるということにはなろうかと。ことに最近この療法が、他の放射線なり抗がん剤といった標準治療の効果を高めることが知られてきているらしく、それはつまり「免疫系活性化」効果の大きさについて語っていることになるのではなかろうか。

一週間に一回、ここに通ってみる。

2020/10/22(4)16:15 | 日々のこと

2020-10-22

体重48.8kg

雨。昨晩から休薬期間に入ってる。めでたい。
ただ今朝はチャリ漕ぎしたけど、ちょっとだるい。筋トレは今日はお休み。明日には復活しないとなぁ。手先や舌のしびれなどまだあり。あと2クールあることを思うと、副作用が休薬期間に引いてくれるといいが。

球根水は一日に1.5リットルを飲むのはなかなかたいへんだ。昨日は温熱に行くのに半日留守にしたから、全然飲みきれず。一日に1リットルくらいの分量にしてみようか。あでもその分濃くなっちゃったら飲みにくいし。やっぱ1.5リットルがんばるかぁ。外出時は水筒が必要。。。

2020/10/23(5)17:19 | 日々のこと

2020-10-23

体重49.4kg。高値更新。
数日前から胃の調子がいまひとつ。五月さんに「胃の調子が悪いでしょ」と言い当てられてしまった。(口臭がするらしい(T_T))
これはいったいなぜなの。ケフィア取り始めた頃から漠然と調子が悪い気もして、なんか関係があるのかもしれない。ケフィアが(またはその影響で球根水の効果が強まって)なにかしらの胃の負担になっているのかもしれない、という仮説を立てる。
とりあえず、ケフィアは(美味しいけど)球根水効果にとっての必要(かもしれない)量はごく少量なのでその程度にたしなんでいこう。
午前中筋トレセット。二日ぶりでしんどいかと思ったらむしろ前よりラク。要は疲れていたってこと? まぁ抗がん剤副作用もあって、休薬期間にはいって今日で三日目だし。手や舌のしびれはゆっくり軽減。来週水曜日(次の点滴日)までにはおさまってくれればいいけどなぁ。
デスクトップPCが不調。マザボがいかれた模様。復旧に向けていろいろ。
DSC_0582.JPG

2020/10/24(6)21:20 | 日々のこと

2020-10-24

体重48.7kg。すぐ戻る。。。昨日あんまり食べられなかったから。経験則的に言うと、白米量が体重増減に直結するよね。
副作用は収まりつつあるものの昨晩からちょい体調すぐれず、筋トレセットはお休み。午前中おとなしくしていたら午後にはだいぶ回復。

2020/10/26(1)16:39 | 日々のこと

2020-10-26

体重48.4kg。
午前中筋トレセット。
昨日は鹿児島からFさんHさんが遊びに来てくれて、楽しい昼食会だった。
PCは在さいたまのT氏の協力のおかげで完全復旧。
昨日今日は朝から快晴。チャックが舞台(野外)の上で伸びて昼寝。近づくと鳴いて「暇なら撫でろ」と。背中や喉を撫でられると至福。けっこうなご身分です。
DSC_0584.JPG
車で夕飯用の買い出しに。今晩はおでんだ。
DSC_0586.JPG

2020/10/27(2)15:59 | 日々のこと

2020-10-27

体重49.2kg。朝筋トレセット。
たいへんいい天気。体調はまずまず。手先のぴりぴりはまだ多少ある。

セイタカアワダチソウは、今花盛り。五月さんが春から夏にかけて草刈りをがんばったので例年に比べれば少ないとはいえ、それでもなお敷地の半分程はこれに席巻されている。それが一斉に花を咲かせ、ある種壮観。そしてそれに一斉にミツバチが蜜を採取しに集まっている。セイタカアワダチソウの群生する場所に近づくと、そのミツバチの群れの羽音がうなりのように聞こえてくる。
DSC_0593
DSC_0591

2020/10/29(4)19:35 | 日々のこと

2020-10-29

体重49.6kg(今日の)

昨日は抗がん剤5クール目初日。点滴。
点滴前に血液検査。Dr.A「血小板の戻りがいまひとつ。ギリギリ。」と。怪我に気をつけなくっちゃ。
ほかに検査数値にかくたる変化がないのでDr.Aも「うーん、どうもイメージがつかみにくいなー」とぼやきつつ、腹の触診は感じがいいようで「ずいぶん胃腸は柔くなっていて、悪い兆候はない。食事も食べられていて通じも通常通りなら結構。」
問「6クールで一段落と考えていいのか」。答「そうとは考えてない。副作用がひどくなく、何かしらの悪い兆候がなければ(効いているということだから)ずっとやっていきたいのが正直なところ。ただ多くの場合いずれかの理由で7~8クールで終えることになる。そうなった場合は次の治療のプログラムを検討することになる。」
おお、なるほどそうなのか。
血液検査の腫瘍マーカーがアテならず、なおかつ画像診断で明確な腫瘍像を捉えられない現状ではG-SOX療法を何クール持続するか、これを決めるのはいったんこちらに投げられているということになる。こちらからの1)副作用がきつくて生活に支障が出てきた、または2)腸閉塞他の増悪の兆候が発生した、という申告によっているのだということだ。
自分の感じる副作用のキツさの計り方について考えてみる必要もあるのかも。がんばって耐え続けるその時間、副作用からの復帰の時間とかも考え合わせて。。。
いかなる治療を行ったにせよ、画像や血液数値で病状も治療効果も明確化できないというこの困った状況の中、自分の身体をどう対象化していくのか、難しいところだなぁ。

点滴自身はいままでの中で一番きつかった。端的に血管痛(鈍痛)が点滴中ずっと。その後の副作用、手足のしびれも今までで一番強い。前回は足は足先だけのしびれだったけど、今回はかかとの方までびりびり。歩くのに気をつけないとってレベル。このしびれ系は時間とともに徐々におさまってはいくんだが、ただおさまっていく時間自身が長引いていくのが普通でもあるらしく。
食欲は落ちてない。

さて、昨日の今日だがハイパーサーミア=サーモトロンRF8を受けにいちき串木野まで行ってきた。自前の車の運転が多少不安もあったが、大丈夫。治療は気持ちよかった。そして!手足のしびれがかなり軽減された。機序はよくわからんけど。でもそれだけでやった甲斐があるというものだ。安い買い物ではないが。。。
午前9時過ぎに出て、帰ってきたのは3時半。

帰ってきて球根水とケフィアヨーグルトを仕込んだ。なんだけっこう忙しいじゃないか。昨日今日と筋トレお休みになってしまってる。

2020/10/30(5)19:06 | 日々のこと

2020-10-30

体重49.5kg。午前中筋トレセット。復帰できた。おかげで快腸。だるさはある。手足や舌のしびれも。食欲は落ちてない。

国会図書館に依頼していたヒメヒオウギスイセンの制癌性にかかる論文コピーが届いた。かなーり学術的な内容でわたしには完全な読解は不能だけど、一応PDFにしよっかなぁ。誰か興味あるかは知らん。

今日はだるいのにかまけて午後はPCを弄びつつ家でぐずぐず。

2020/10/30(5)20:54 | その他

ヒメヒオウギスイセンについて(3)

国会図書館の遠隔地複写サービスを利用して取り寄せた論文2つ。学問的な研究論文だから私には手にあまるのだが、せっかくだからPDFにしてみた。

1) 制癌性和漢薬の実験病理学的研究 (杉原芳夫 1986)
これには続き=第2報~第4報が存在する。第4報は入手済だが、ヒメヒオウギスイセンには関係なかったの。2報と3報については国会図書館に調査依頼中。

2) ヒメイヒオウギズイセンCrocosmia crocosmiifloraの球根の制癌成分(松井又夫 1992)


ヒメヒオウギスイセンについて(1)
ヒメヒオウギスイセンについて(2)