2020/05/23(6)18:33 | 注釈

このコロナ禍とは何なのか

このコロナ禍とは何なのか。わたしたちは今年それとは全然関係なく活動の休止を決めていた。そのためにコロナ禍によって予定が変更になったり活動の支障になったりすることがほぼなかったために、このコロナ禍に正面から対応をせずに済んでしまった、ということがある。
このコロナ禍をめぐる同調圧力はたしかにオウム事件とも近しい感じもする。だが。
オウム事件は事件そのものは教団のやったことではあるが公安はそれを多かれ少なかれ情報を得ていたことは確かだと思われ、意識的に「泳がせ」て事件を完全にではないにしろ操っていた。。。少なくともその動きに関与しており、世論づくりを含めて支配のための有効な契機にしたことは間違いない。
それに比べて、今回のコロナ禍はその権力による「仕込み」度合いが格段に低い。
政治権力、社会権力によっていわゆる三密を避ける行動が推奨され、強要されていたことは間違いないのだが、はたしてそれは権力による恣意的な支配の一環であったと言い切れるのか。私にはそう断言する根拠を持てないでいる。
このドサクサ非常時の中でいろいろと不都合なものに蓋をしたり、平時であれば通りにくいものを通していく、そういう契機として活かそうという権力意志は明瞭でそれはそれとして動いてはいる。ものによっては成功し、しかし(アベノマスクにせよ検察の定年延長問題にせよ)ものによっては成功していない。経済への悪影響もはかりしれず、アベノミクスなるもののみてくれの「成果」も吹っ飛んだ。もとより中身のない成果であったからそれの化けの皮が剥がれただけであり安倍にとって景気悪化をアベノミクスのせいではなくコロナのせいに押し付けることができてむしろお得だったのだという説もあるが、それはどうだろう? 苦し紛れの逃げの一手としては成功しているとも言えるけど、少なくとも好景気を演出し続けたい目論見は大きく崩れたことに変わりはないだろう。
だから権力によって仕組まれた、というのはおそらく間違いで、311がそうであったように権力はその災害の前で右往左往していただけだというのが実態だ。そのとき民主党政権より自民党政権の方がマシ、危機に強い安倍自民というイメージも大きく損なわれた。(菅より安倍のほうが危機において「より無能」+低劣な悪だというのは私にも意外だったが。)
この危機の只中いかなるカウンターがあり得たのか、という問い。わたしたちは先に書いたようにそれを問われずに済んでしまったが、この件の事後評価などについては別途考えたい。
だが、それよりも私が興味を持っているのは、対権力問題を含みながらもそれを超えた事件であったこのコロナ禍が何を残すのかということだ。コロナ前の世界とコロナ以後の世界の何が変わるのか、その本質は?という点につきる。
ラベル:コロナ

2020/05/27(3)09:58 | 日々のこと

FODMAP

駄目だ、もう三か月?胃腸の調子が思わしくない。
病名とすると、過敏性腸症候群(IBS)というのがあまりにもぴったりである。
https://www.jsge.or.jp/guideline/disease/ibs.html
この消化器病学会が推奨する対処法は、非常に普通な「胃腸に優しい」食生活をね!ってものなのだが、それでは全然太刀打ちできないことがここ何ヶ月かの実践で明らかになってしまった。
胃切除手術した水俣の総合病院の処方薬、漢方薬局の処方薬なども試したが、結局決定打が無い。よかったりもするが悪くなることもある。薬がいい悪いではなく、原因は別にある感じがする。
避けてきたのだが、いやいやながら最後の?頼みの綱のFODMAP食事療法に頼ってみる。
https://www.tanaka-cl.or.jp/guidance/special-outpatient/nutritional-therapy/fodmap/
https://www.lukesashiya.com/blog/2018/01/fodmap-1.html
簡単に言うと、単糖類、二糖類、発酵食品、麦、乳製品を絶ってみろというものだ。
別のFODMAP解説だとけっこう「低/高FODMAP」の分類が異なっている。定説の不明な食品も多いということだ。いったん疑わしきは絶っていく方向。
麦が駄目ってことは麺類はむちゃくちゃ限られてしまって、フォー、十割蕎麦、こんにゃく麺、たぶん冷麺はおっけー。
上白糖はいいんだっていう解説もあるけど、そんなわけない。上白糖の原料のショ糖はれっきとした二糖類なんだからダメに決まってるじゃん。ソルビトールとかもダメで、いいと思われるのはメープルシロップ、黒糖とかの精製のあまりされていないものなら大丈夫かなー。
いずれにしてもずっとこの食事スタイルを続けていくのは御免なので、一時的な治療と思って取り組んでみる。とりあえず1~2週間。
ラベル:健康 FODMAP

2020/05/27(3)11:27 | 日々のこと

FODMAPにおける上白糖

二糖類の中でも、過敏性腸症候群の人が避けたいのは乳糖(ラクトース)です。牛乳やヨーグルトなど、一般的に健康により食品とされている乳製品に含まれています。乳糖を分解するには酵素・ラクターゼの働きが必要で、ラクターゼがうまく働いていない人では、食べた乳糖のうち少量しか分解することができず、おかなかがゴロゴロしたり下痢をしたりなどの症状が現れます。

『自分で治す過敏性腸症候群の本』(江田証)による。
そう?そうなのか。信じていいのか。
ラベル:FODMAP 健康

2020/05/28(4)09:35 | 日々のこと

2020-05-27

朝から下痢。こんなことを繰り返しているのではもうどうしようもないと思い、やむなく低FODMAPの食事療法開始を決意。
下痢続く。今日数回。げっぷも多い。午後も外へは結局出かけず、家でごろごろ。
現在午後10時、お腹は割と落ち着いている。安眠できるか。
(薬はベルビオのみ。ビオフェルミン(のジェネリック)もやめてみている。)

朝食:バナナのみ(あまりに腹が張るので休ませる意味で)
昼食:フォー。茹で方はうまくいったけど、やっぱり味付けがなんだか納得いかない。要研究。
午後おやつ:餅(海苔と醤油)
夕食:アジの開き(小)、ホルモン焼き(味付き市販品)少し、ナスの味噌汁、ご飯。
たいへん美味しかった。が、
  • 食べてから味付きホルモンのタレににんにくが含まれていることを知る。まずった。FODMAP本で「高FODMAP食でも少しならいい場合が多いけど、にんにくと玉葱だけは少しでもやめておくのが賢明」とあって、食後に下痢が多少起こり、もしかしてにんにくに身体が反応しているのか?と思ったり。
  • 思うとこのところの不調にはカレーが関わっているような気もしてくる。鹿児島のスープカレー屋、五月さんのタイカレー、昨日のカレー(レトルト)スパ。。。? つまりにんにく?
  • 漢方薬局ですすめてくれた栄養ドリンク(レバコール)もソルビトールが含まれていてとりあえずNGとなっている。

ラベル:FODMAP 健康

2020/05/28(4)21:48 | 日々のこと

2020-05-28

体重51.0kg(少しだけ持ち直して来ている)
朝飯:白米、インスタント味噌汁、ふろふき大根、しらす
ふろふきのタレがCOOPの甘味噌だれなのだが、これに果糖ぶどう糖液糖が入ってた。食前に気づいたが時間切れで見て見ぬ振りした。まだふろふき大根あるし、タレ自分で作らないと。。。インスタント味噌汁には高FODMAP素材はなさそうだ。
食後少し腹が張っている。腹鳴も少なめだがあるにはある。
10時、通じあり。多少改善。
昼食:フォー。ネット上のレシピを参照しながら作ってみる。
歯が不調でそのために十全には噛めない。この長引く胃腸不調は歯の不全も一因していると思う。フォーもやや食道~胃に詰まる感じがあり、半夏瀉心湯を飲んでみた。歯の治療は別途進行中。
15時ごろ、通じあり。下痢ぎみ(「ぎみ」程度ですんでいることがグッド)
明日のためのポトフ的なものを作る過程で、ブイヨンの成分に「乳糖」とあり、NG。でもこれ使わないでは味にならんだろ、と思って普通の半分程度入れちゃう。買い物に行ったついでにブイヨン、乳糖を含まないものはないのかと思って探すも見つけられず。
また外に買い物に出たときはできるだけ(無駄に?)歩くようにしている。今日も1時間くらいかけた。
夕食:アジの開き(小)、ふろふき大根、卵の吸い物、梅干し、ご飯。大根の味噌ダレは自作した。
ご飯量が増えてきている。一日一合を食べられるようになった。昼飯時にあったつかえる感じもない。
夕食後通じあり。変化なし。

FODMAP、予想以上に即効性がある?のかも?

≫続きを読む
ラベル:FODMAP 健康

2020/05/29(5)20:31 | 日々のこと

2020-05-29

朝、胃が重い感じ。これは何故? 夜食を食べたわけでもないのに。胃と十二指腸の境界(幽門という)あたり=へその右側が固く張る。様子見。
朝食:おかゆ、梅干、鰹節、ふろふき大根。
午前中は歯医者。来週はじめには治療終了見込みとのこと。
昼食:麻辣フォー。市販の麻辣麺用のタレ。いかにも果糖ぶどう糖液糖とかにんにく玉葱など入ってそうだが、無し。白ネギ、FODMAP的にはNGなんだが、フォーに欲しくて少しだけ白髪にして食す。フォーの茹で方はまだ固いな。。。
食後の不調はなし。朝からの重さは変わらず。
と書いていたら、食後1時間半にして軽度の腹鳴と腹の張りが。少しばかりのネギに反応しているのか?
食べてすぐ起こる不調と食べた後1~3時間で起こる不調がある。前者は胃での不調、後者は腸内の不調。おそらく。
おやつにバナナ一本。
午後、便通。柔らかめ(下痢でない!)。
夕食:ポトフ、目玉焼き、ご飯。少し食べ過ぎた? 胃がやや苦しい。ブイヨンに含まれるわずかな乳糖に反応? さすがにそれはないか?
既出『自分で治す過敏性腸症候群の本』によれば最低3週間は低FODMAP食をやってみろとある。すぐ現れる効果と、一定期間続けて得られる効果もあるだろう。
体重51.3kg
ラベル:FODMAP 健康

2020/05/30(6)23:16 | 日々のこと

2020-05-30

朝の胃のもたれは昨日よりはよくなったかな。かな?くらい。
朝食:ポトフ(ていうかラタトゥイユのトマトなし)、目玉焼き、ご飯。昨晩とほぼ同じ。
コーヒー。コーヒーは高FODMAP食材ではない。旨い。
体重50.7kg。減ってる。通じなし。
今日は五月さんが帰ってくる(名古屋から)ので、あちこち掃除しないとなぁ。
昼食:昨日と同じフォー。温かい麺にしてみた。白ネギも入れたんだけど、これはやっぱりダメみたい。お腹が張る。ネギ系は青ネギのみOKということで他のはいったん禁じてみることに。にんにく、白ネギ、玉葱。
あちこちの掃除、整頓できた。
午後便通、やや下痢。ネギか、ネギなのか!?
夕食:ラタトゥイユ(トマト足された)、焼き鮭、ご飯。
ラベル:FODMAP 健康

2020/05/31(7)23:00 | 日々のこと

2020-05-31

昨晩ついうっかり布団少なめで寝てしまい、IBSというより普通に風邪っぽい状態で目が覚めた。朝から胃もたれもする。
ネギのことを昨日書いたけど、梅干が高FODMAP食材だったことをその後に知った。梅干けっこう食っていたけどなぁ。ただ、昨日はよせばいいのに梅干を濃縮した整腸剤を飲んだ。
普段の体調なら、便秘・下痢ともに胃腸不調によく効くサプリで旅中も何度もおせわになっている。
これが、NGとは。。。
昼と夕と二回にわたって飲んだから、これが悪かった可能性もおおいにある。
なにせ今日は朝から不調。胃が重い。張る。
朝食:目玉焼き、味噌汁、ご飯
昼食:辛いフォー
午後、身体を動かしたほうがいいと考えて車で20分の街まで降りて不要不急の買い物をする。が、行き帰りが頭痛、ぼんやりした感じ、腰痛で多分微熱ある。でかけたことを後悔。計ったら7.3度。午後はひたすら休養。
夕食:最後のラタトゥイユ、塩豚と小松菜の炒めもの、ご飯。
ここまで通じなし。22:58。
腹の張りなどは治まってきた感じ。熱も下がってきた。今日寝れば治る。