2018/12/01(6)19:53 | 日々のこと

今日したこと

予備単管の最終的不可逆的置き場を作る。
ヤフオクで落とした照明機材を試す。
新軽自動車の希望ナンバーを業者に伝える。
知り合いRの人たちが訪ねてきたのでお話する。どうでもいい、まじでどうでもいい。
雑談、というのがどうも苦手なんだよなぁ。

2018/12/02(7)23:19 | 日々のこと

今日したこと/Y登場

来期参加のY登場。稽古をひとつ披露してくれた。
さすがの経験者。基本水準が高い。
感想会では、いろいろよくない点を本人は上げていたが、なんの、ここ数年では出色の初発稽古だっただろう。
ラストソングの練習もした。ウクレレをYが弾く方向。
というわけで、かなりみのり豊か。
夕食後は4人で「数に溺れて」をビデオ鑑賞。
ラベル:ネタ 合奏 映画

2018/12/03(1)23:23 | 日々のこと

バンジョー届いた

Deering社のテナーバンジョー。新品。
2018-12-03 23.14.48.jpg

大きな楽器の買い物は、ここに引っ越してくる一二年前に中古のギブソンギターを買って以来。新品の、ということになったらもう、いつ以来かわからない。
ちょっと弾いてみただけだけど、めちゃめちゃ鳴る。いままでのは何だった?くらいな。
ラベル:音楽

2018/12/10(1)18:21 | 注釈

テキスト

自分用のテキストについて考えなければ。
テキストのストックはかなり古いものしかないんだ。岩田宏かなぁ。
閉塞する五つの唄、たとえば
夢が
役に立たないと
そう分ったので安心して
眠った
というフレーズ。
古臭い? そうかもしれない。それは私が古臭い、ということなんだろう。
だがそれってどういう意味なのか

2018/12/17(1)14:27 | 日々のこと

運転して

運転してしているとき、私は独り言をずっとしゃべりつづけている。

たいがい相手を想定して能書きを垂れていたり、文句を言っていたり、ほとほと見下げ果てた有り様だと思うのだが、このまだ始まったばかりの制作旅では、来期の自分の演るネタをずっと考えしゃべり続けている。


ラベル:茶番

2018/12/17(1)14:29 | 2019覚書

オルゲの希望リスト

昔、劇研のころにやったことのあるネタを思い出した。ブレヒトの詩に曲をつけたのがあってこれはいける、と。

ネットで全訳を拾えた。


オルゲの希望リスト

喜びにはいろいろあるが
うまく釣り合っていないのがいい

皮膚にはいろいろあるが
はぎとられていないのがいい

話にはいろいろあるが
不可解なのがいい

忠告にはいろいろあるが
役に立たないのがいい

娘たちなら、新しいの
女たちなら、忠実でないの

男女性交快感極点
二人に同時に来ないのがいい

敵対関係は
左右両方にあるのがいい

滞在にはいろいろあるが
過ぎ去っていくのがいい

告別にはいろいろあるが
下でゆれうごくようなのがいい

芸術なら、金にならないの
教師なら、埋葬されるようなの

快楽にはいろいろあるが
口ではっきり言えるのがいい

目標にはいろいろあるが
つけたりなのがいい

敵なら、敏感な連中
友なら、子供らしい連中

色はいろいろだが、赤がいい
伝言やメッセージなど
配達夫がいい

元素のなかでは、火
神々のなかでは、怪物

没落者にはいろいろあるが
賛美する人々がいい

一年春夏秋冬
十月がいい

生ならば、明るいの
死ならば、すばやいの

BY : ベルトルト・ブレヒト/第一詩集「家庭用説教集より」
(訳:野村修・長谷川四郎)
詩はむちゃくちゃかっこいいので、このままだとかっこよさげなロックになる。その昔の劇研のときはそんな風にやったのだが、これをおサイケ風の女装、貼り付いた笑顔でひらひらやったらどうだろう? 詩も改編して軽薄をプラスできるといい。

20181217142840034.jpg

2018/12/18(2)11:47 | 2019覚書

海と青空に誓った

天下の国道1号線を下って、潮見バイパス。

海と空の青さに胸を打たれる。

漫画みたい、絵ハガキみたいと言えばそのとおり。

PUFFYの「Mother」に「僕らは海と青空に誓った」という歌詞があって、ちょっと凡庸かなぁなどと思ってもいたんだが、ごめんそんなのは絵ハガキ的イメージの中の海と空でしかなかったね。

神々しさ。

それがスマホの写真で伝わるとは到底思えないけど、自分が反芻するには役に立つかも。

20181218114451777.jpg


20181218114318760.jpg


道の駅 潮見坂から海岸まで歩いた。

20181218114719492.jpg

ラベル:ネタ 散歩 漫画 PUFFY