2005/09/13(2)11:42 | 日々のこと

いつになく元気

旅がおわってもなんか元気。
前回の旅が終わったときは「もう当分芝居も旅もいいや」という気分だった。それ以前の旅も終わった直後はたいがいそんな感じ。
いまはすぐにも次の芝居=旅の準備に取りかかれそうな。

でも思い出してみれば,唯一『サクラ ガ サイタ』のあとはすぐ次をしたくて勢いで借金もして翌年に『君をまっている』のツアーをしたのだった。結果は芝居作りも客入りも旅の生活もボロボロだった。そのときに作った借金(バブル全盛だったからねー)を昨年ようやく返しおわった。
だからまぁ少しレイセイになってみるのが正解なんだろう,と考える 眼鏡
ラベル:
| 埼玉 ☁

2005/09/14(3)18:24 |

内側の時間 旅とサーカスとJ・L・D/森田裕子

内側の時間―旅とサーカスとJ・L・G

仙台のへもさんにいただいた本。
もうすこしで読み遜わるところだけど,無茶苦茶おもしろい。久々のヒット目
続きを読む
| 埼玉 ☁

2005/09/15(4)17:35 | 日々のこと

みつからん

旅中にみつけた馬鹿な批評を再読したかったのに。みつからん。
アングラをロマン化してそのロマンに適合しない芝居をどう観ていいのかわからず,「アングラってのはもっとすごいんだー!」とかなんとか。けっこう笑えたが…。
| 埼玉 ☁

2005/09/16(5)04:10 |

スカーペッタ,どこへ行く?(ネタバレ御免)

痕跡 (上) & 痕跡 (下)
旅前合宿ごろからこれが出てるのは知ってはいた。旅から帰ってようやく読めた。続きを読む
| 埼玉 ☁

2005/09/17(6)03:27 | 日々のこと

来週は

病院予約と免許の書き換えしなくっちゃーー。
医者に怒られるーー。免許も切れてるーー。
それと仕事探しもーー。あせあせ(飛び散る汗)
ラベル:病院 お仕事
| 埼玉 ☁

2005/09/17(6)21:04 | 日々のこと

今日は午後に大宮デート

さいたま市立漫画会館というところに行ってみた。土呂駅から歩いて10分くらいか。
「団団珍聞」の表紙が素敵で,昔チラシに使ったことがある。「団団珍聞」と「東京パック」の関係もよくわからなかったが,おかげでよくわかった。
北澤楽天という人は日本漫画界の偉人なんだなー。(残念ながら戦争協力してるが。)
漫画会館から大宮公園を歩く。大宮公園は10数年ぶり。あんまり変わってない。ボートはなくなってた。
県立博物館というところにも(たぶん)はじめて行った。ロビーとか図書館みたいに混んでないし,読書や勉強によさそう。案外穴場かも。大宮公園の周辺はハイソな感じね。
大宮公園から大宮駅まで歩く 。大宮駅に近づくにつれてだんだん下町っつうか「うさんくさい」町になってくる。大宮に比べると浦和は清潔な文教都市なんだと思われ,ちょっと大宮に住みたくなる。途中でおなじみ茜屋珈琲店喫茶店に寄って一休み。
けっこうな距離を歩いたのでお疲れ。
| 埼玉 ☁

2005/09/19(1)03:16 | 観劇

観劇予定

9月は今週末にパララン翠光団
10月は仙台のへもさんたちの「ラジオのように」と札幌ANDの公演をツアーにして一挙。
あと,大阪の満月工場も10月か。こちらは長いことやっているので,10月末かな。
未知座も! 11月だっけ。これはWEB上からは公演日などはわからない…?
先の話だが,来年3月には福井の深海シガレットムーン
| 埼玉 ☁

2005/09/20(2)01:52 | 日々のこと

感想会と打ち上げ

『ベビーフードの日々』と「Dire Morons Spank Tour 2005」の感想会&会計報告をおととい,昨日とやった。昨日をもって2005旅団は解散した。


いつも旅はほとんど劇団メンバーだけ。
メンバーだけだと,たとえば今週末には京都に連れだってパララン翠光団を見に行くし,その後はまた名簿整理で集まるという具合で,あまりケジメが無いしケジメをつける必然性もない。


今回は「もしもし」のいたためにいくらかでも「解散式」ぽくする必要もあって(?)刀削麺で打ち上げビール,その後にひじょーに珍しく旅団メンバー全員でカラオケ。
それなりに盛り上がって,盛り上がった勢いを借りて「bye!」手(パー) つー感じで。


みちこりんにはまだまだ演出足りんかったが,まー,時間切れだからしょうがない。
今後,「もしもし」がどんな風になっていくのか,興味津々。
「どくんご」がどうなっていくのかも興味津々。


ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)

Jちゃんのアニソンはもちろんよかったが,その中でも「トリトン」のテーマはよかった。それと「ハチのムサシ」は名曲だな。
あと近しいところではYUKIの「joy」も前奏から泣ける。

| 埼玉 ☁

2005/09/20(2)17:37 | その他

物語のあとさき(その1)…バックダンサーズ

今回,予想以上に刺激的だったのは,「バックダンサーズ」。

近江さんの感想にある,「グルーブを生み出しているのは、むしろ舞台に上がっていない時の役者、もしくはメインの役者の背景で群舞に加わっている、または舞台の背景を歩き回っている役者の体内にあるリズムや表現に対する統一された意思…」という感想はけっして今まで聞かれなかったものだと。

今まで,会話のシーンを作るには,実りの少ない即興稽古を積み重ねるか,作者がガーッと書き下ろすしかなかった。
ひとつひとつのシーンのコアな部分は役者個々の技芸でありながら,それを集団化する方法の端緒についたことのぼくらにとってのイギは大きい。
この方法を通して,いわゆるテキストの物語とは違う,別の物語が立ち現れてくるのではないか…つーか,現われつつあるのでないかと思わせられた。

考えてみると,この方法は「どくんご体操」と言ってきたエチュード(?)の応用形だよね。
いずれにしてもバックダンサーズはあくまでもバックダンサーズで,つまりメインがイイから生きてくる。あたりまえか。
メインあってのバックダンサーズだけど,いったんできあがったらメインなくても成立しちゃうかも。ここに今後は注目。あと,言葉というか声を絡めていくことも一応構想。

それに,ぼくらの専売特許である必要はないわけだから。真似する人がいたらオモシロイ。
| 埼玉 ☁

2005/09/22(4)22:32 | 日々のこと

極楽的行為

昼間から銭湯に行ってねぇ,
風呂上がりに ramenビール ですわ。

帰ってお昼寝させてもろてねぇ。

まっこと,極楽じゃっ☆☆☆☆☆
ラベル:風呂 飲み食い
| 埼玉 ☁

2005/09/24(6)16:18 |

物語のあとさき(その2)…不可測性という発見

お芝居でお客がえてして一番楽しむのは,役者が台詞を間違えたり忘れたりした時だ。
台詞を間違えた役者が慌てたり,開き直ったり,その場を取り繕ったりする行為は物語の時間を寸断し,「いま」を立ち上げてしまう。
その時間こそ小説や映画を見るのとは違ったお芝居の本質に近しいはずだ…。そのときのビビッドさをそれ自身として追求できないか。というのが出発点だ。
続きを読む
| 埼玉 ☁

2005/09/26(1)21:49 | 観劇

パララン翠光団「ひとうつし」

パララン翠光団「ひとうつし」

見ることができてよかった芝居だった。できればもう一回見たかった。

わたしの観劇態度は受け身一本槍。言葉をあえてこちらから聞きにいかない。あえて何かを見ようとしない。脱力して「見る/聞くともなく全体を見る/聞く」(『バガボンド』風)ことに集中する。(近江さんにそっくりあせあせ(飛び散る汗)
見るべきもの,聞くべきものは向うからやってくるはずだ。続きを読む
| 埼玉 ☁

2005/09/29(4)04:50 | 日々のこと

住所録整理

長旅でたまったお客さんの名簿を整理。

一時デジタル化していたこともあるんだけど,それだとパソコンをいじれないメンバーにとって遠いものになっちゃう。
特定のメンバーにしか観客名簿の参照も変更もできないのはたいへんよろしくない。
だってそれって持続する劇団にとっての最重要アイテム,財産だから。
それであえてアナログ管理してきたという経緯があるわけです。
続きを読む
ラベル:
| 埼玉 ☁

2005/09/30(5)02:05 |

切り裂きジャック/コーンウェル

切り裂きジャック/P.コーンウェル

いかった。迫力ある。
切り裂きジャックの真犯人捜しの話がメイン。
帯にもあるけど,執念を感じさせる捜査!
スカーペッタが戻ってきたって感じ。
続きを読む
ラベル:コーンウェル
| 埼玉 ☁